(有名な平民なので、芸能人と同じく、呼び捨てにさせてもらってます)

元皇族眞子と小室圭の入籍会見の画像を載せて、まとめようと思ってもこれを見て気分が悪くなって書く気になれませんでした。

眞子と小室圭の会見1

小室圭痩せたんですかね?

思ったことを書いたら誹謗中傷になるので書きません。

結婚会見小室圭笑いが止まらない

ついに結婚にこぎつけて、嬉しいんでしょう。思ったことを書いたら誹謗中傷になるので書けません。

会見の詳しい内容はこれでいいのだ日記Part2さんがかいてくださっているので見てください。

さて、デイリー新潮が

”眞子さん、会見が近づきパニックとなり秋篠宮ご夫妻に罵声も 心配された佳子さまがサポート”

という記事を書いているので読みました。

眞子が両親、秋篠宮ご夫妻に罵声を浴びせる

10月26日、小室眞子さんと小室圭さんは入籍後に会見を行った。予定されていた質疑応答が前日になって中止となったのは既報のとおり。その前には眞子さんは精神的に不安定なご様子を見せる一幕もあった。

全国紙デスクが言う。

「予定されていた質問は5問。

お二人には事前に手渡され、回答を練る時間は十分にあったのですが、宮内庁によれば“誤った情報が事実であるとの印象を与えかねないものが質問に含まれており、眞子さまが強い衝撃を受けられた”“カメラの入った会場で読み上げられ、口頭で答えることを想像するだけで恐怖心がよみがえるという不安がある”とのことで、冒頭の挨拶のみとなったのです」

実はその前日、秋篠宮家をお支えする皇嗣職のトップと記者会との間では、激しいやり取りがなされていた。宮内庁担当記者が言う。

「前日の15時ごろ、加地隆治皇嗣職大夫が突如記者会にやって来て、“明日の質疑を取り止めたい”と言い出した。

“眞子さまがショックを受けておられ、一時は会見自体の中止も検討されたが、結婚についての気持ちは直接お伝えしたいというお考えがある”と言い、冒頭の発言だけにしたいとの要請があったのです」

これには記者会も、黙って従うはずがなく、

「“小室さん一人の会見にすればどうか”との声も出ましたが、大夫はあくまで“お二人で行いたいとのご意向です”と言うばかり。

また“(全5問のうち)どの部分にショックを受けたのか”と質されると、大夫は日本雑誌協会から出された1問を暗に指しながらも、最後まで“恐怖の対象”を明かしませんでした

現に、会見前の眞子さんは精神的に不安定で、

「宮邸では時折、パニック状態になり、ご両親に罵声を浴びせることもありました。心配された佳子さまが、付きっきりになることもあったのです」(秋篠宮家の事情を知る関係者)

眞子にとって小室佳代が頼り

今後のお二人の動向についてだが、圭さんはひと足先にニューヨークに戻る予定になっているという。

「残された眞子さんは、パスポートを作ってビザを取得する関係で、数週間は日本に留まることになる。その間は、都心のマンションで一人暮らしです」(皇室ジャーナリスト)

マンションは渋谷区内にある中長期滞在者向けのサービスアパートメントで、5階建てに70余りの部屋が入っている。地下鉄外苑前駅からほど近く、警察の施設も目と鼻の先。食器や調理器具、洗濯乾燥機は完備され、例えば3LDKのデラックスタイプだと、110平方メートル余りのスペースで月の賃料は130万円だという。

「眞子さんは26日以降、こちらに移り住みました。出国を急ぐ小室さんとは、あまり多くの時間を過ごせません。代わりに渡米までの間、信頼してやまない(圭さんの母親の)佳代さんが足繁く通うことになるでしょう」(同)

頼りになるお義母さんがいてよかったですねwwwマンションに泊まってもらって一緒に住んだらいいですねwwそのまま爺さんと引っ越してくるかもwww

世間の批判を“誹謗中傷”と断じ、ご両親との深い溝も埋まらないままの眞子さんにとって、佳代さんは自身を理解してくれるかけがえのない存在。夫のいない高級マンションで「姑依存」はいっそう進むに違いない。10月28日発売の「週刊新潮」では、足かけ5年にわたって世間を騒がせた「小室騒動」のクライマックスについて詳報する。

「週刊新潮」2021年11月4日号 掲載

ぺんぺん草の独り言

ご両親の両殿下に罵声を浴びせかけるとは、尋常ではないですねwww静かな宮邸に響き渡ったんじゃないですか?しかし、だれがこれを週刊誌に漏らすのか?

会見を見た印象では、眞子が罵倒はありうる、と思いますが、わたしはその場面を直接見ていないのでわかりません。

佳子さまは皇族なのに、すでに民間人となった、民間人眞子の記者会見に付き添ったんですね。

皇族が民間人の記者会見に付き添うのを殿下は許したんですね。秋篠宮家は皇室に次々と新風を吹き込みますねwww

お住まいになるマンションは高級なんですね。この記事では130万円の部屋の住んでいる印象を与えますが、3LDKのデラックスタイプ、110平方メートル余りのスペースが賃料130万円であって、もう少しだけ狭い80万円の部屋に住んでいるみたいです。

当面の新婚生活の場となるマンションは家具や家電など生活用品を完備。

コンシェルジュが付いている上、交番も隣接。

眞子さんが滞在している間は警視庁が警備することになる。

料金は2ベッドルームタイプの部屋で月80万円前後

費用負担について、皇室ジャーナリストは

「眞子さんが民間人となったので秋篠宮家や宮内庁は援助できない。夫婦でこれまでの蓄えから出すことになるでしょう」と指摘した。

夫婦でこれまでの蓄えから出す

小室圭に貯えがあったんでしょうかね?www

“誤った情報が事実であるとの印象を与えかねないものが質問、とは

★小室佳代の金銭トラブル

★フォーダム大学不正入学、不正奨学金ゲット

★刑事告発されている、小室佳代による遺族年金の不正受給の疑惑

だったようですね。

これらはずっと週刊誌に書かれてきたことなので、誤った情報であるなら、直接国民に向かって、それは間違っていますと、詳しく説明が出来る絶好のチャンスだったのに、お口では回答なさらず、文書で、あっさりとしたお答えだったわね。

週刊誌の記者のことだから、かなり調べ上げていると思うので、口頭なら、更に突っ込まれただろうけど、事実無根であれば、しっかり説明をされたらよかったのよ・・残念だわと国民は思ったわよ。それこそ名誉の問題なのに・・・この問題は永遠に疑惑として残ってしまったわね。

元婚約者と小室佳代との面会は「ドクターストップがかかっている」なんて驚いた!へ~~そうなのかあwwwそれでも眞子のマンションには通うかな~?www

ドクターストップでも嫁のマンションに通う姑愛・・ですかねwww

この結婚を応援しない人は許さないという激しい姿勢を見せ、言いたいことだけ言って、二人で顔を見て「せ~の」の掛け声で「ありがとうござました」と仰って・・・お若いわね、倉田真由美は眞子を擁護していたけど、この会見についてこんなことを書いているわよ。

小室さん眞子さん結婚会見「30歳のお2人は幼過ぎた! 小室圭さんいいとこナシ」倉田真由美

誹謗中傷にならない?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

言いたいことを言い放ち、してやったりで、後ろ足で国民に砂をかけて日本を出て行かれるんだけど、小室圭に海外に拠点を作らせるため留学させるほどずっと前から日本がお嫌いだったんだから、一旦出国したら、もう二度と、日本の国の敷居をまたがなくて下さいねwww

NYでは博物館がコロナで赤字になって2割人員を削減している中で、年間1000万以上の給料で雇ってもらえるなんて素晴らしいですね!

一人の日本人が、突然アメリカに渡って博物館に就職出来て、1000万円の給料だなんて、アメリカンドリームですわね。

全て自分たちだけの力だと思っているところが実にオメデタイ。

ホント今回はオメデタイ事でございます。

 

おすすめの記事