水谷準・伊藤美誠ミックス卓球ペア

開会式の感想をまだ書いていないけどそれは後回しにするとして・・・

水谷準・伊藤美誠ミックス卓球ペアがドイツ相手にフルセットで勝った!

追い詰められて、土俵際まで追い詰められたすごい試合だった!

まさかドイツに負けるなんてあり得ないと思っていたのでこんなハラハラした試合なかった!

伊藤美誠が試合後、泣いてた。わたしも泣いたわよ。

画像などでたら、あとで追加します!

次戦は今夜、台湾と!

これに勝てば、メダルが確定する!

頑張れ日本!!!

追加

水谷準伊藤美誠ペアドイツに辛勝

いずれも静岡県磐田市出身で第2シードの水谷隼(32)=木下グループ、伊藤美誠(20)=スターツ=の幼なじみペアは、第7シードのパトリック・フランツィスカ、ペトリサ・ソルヤ組(ドイツ)を4―3で倒し、今夜の準決勝に進出した。

最終ゲームは相手に6―10とマッチポイントを握られてから16―14で制す大逆転劇に、伊藤の目からは涙がこぼれた。

試合は一進一退のフルゲームにもつれ込んだ。

しかし、最終ゲームは一時、1―7まで広げられ、6―10と絶体絶命のピンチに追い込まれたが、ここから水谷が本領を発揮。強気のプレーで伊藤をリードした。ジュースに追いついてからも3度もマッチポイントを握られながら、最後は伊藤のロングサーブが決まり、熱戦に決着をつけた。

伊藤はインタビューに

「水谷選手だから勝てたなとすごい感じる。水谷選手の諦めない気持ち、声も一本一本かけてくれたし、顔つきもそうですし、水谷選手と組めたから勝てた」

と12歳年上の相棒に感謝しきりだった。

水谷は「やりましたねー」と第一声を発してから

「まだメダルを取っていないのに、ここまで追い詰められるというか、土俵際に立たされて、最後は諦めない気持ちがこの勝利につながった」と続けた。

カナダとかヨーロッパの選手も、ほぼ、中国本土では代表になれないから、国籍を変えて出場している中国人選手が多い中、ドイツも前回のオーストリアも白人だから、簡単に勝てると思ったけど、中国だけじゃない、強い国はたくさんあるのね・・・。

 

おすすめの記事