海外掲示板サイト『Reddit』、というのがあるんだそうで、バスの運転手を毎晩待っている犬の動画が人気を集めています。犬はバス運転手の顔を覚えているらしく、いつも同じ運転手の男性を待っているという。その運転手と犬の友情をブラジルのメディア『Viver em Santos e região』などが伝えています。
出典:https://japan.techinsight.jp/2020/01/masumi01120941.html

ブラジルの忠犬ハチ公

歩道に行儀良く座った犬が、バスが来るのを待っている様子が捉えられている。


そして犬が待つ停留所の前にバスが停まると、乗降する人がいないにもかかわらず運転手は乗降口の扉を開けた。すると犬は嬉しそうに尾を振りながらバスの中へと入り、運転手のもとへと駆け寄っていく。運転手の男性は自分のバッグからスナック菓子を取り出して与えると、犬は嬉しそうにくわえてバスを降りていくのだ。しかも犬は、このバスの運転手が来た時にしか寄ってこないという。

『Viver em Santos e região』によると、運転手の男性はルイス・アントニオ・シルバさん(Luis Antônio Silva、56)で、長年バスを運転してきたベテランでもある。ルイスさんは犬を飼っていることもあり、動物好きとのことだ。

このルイスさんと犬のやり取りの動画を見た人達からは、

「この犬は賢いね。運転手のスケジュールを知っているようだ」
「なんだか日本の忠犬ハチ公みたいだね」

といった声が届いたが、中には犬のことを心配し

「野良犬のように見えるけど、運転手の男性とかが連れて帰れないのかな」

という声も見られた。しかし『Reddit』の投稿によると、もとは野良犬だったが今は停留所前のガソリンスタンドで飼われており、“ネギーニャ(Neguinha)”という名前もついているそうだ。

ちなみにルイスさんとネギーニャの動画はFacebookにいくつか投稿されているが、再生回数が多いもので565万回以上を記録している。

ぺんぺん草の独り言

犬は、好きな人が車で帰って来たら、自動車の音を聞き分けられるのか、匂いがするのか?顔を見る前からしっぽを振って喜ぶわよ。

でもいつどうやって知り合いになって好きになったかは不明よね。でもこの運転手さんを好きなのはお菓子をもらえるからじゃないと思う。犬は直感的に優しい人を見分けるから、この運転手さんはきっと優しいひとなのよ。

その証拠にいつもお菓子を準備いているのだからね。

ブラジルの人も、日本の忠犬ハチ公を知っているのね。ハリウッドで映画化されたから知ってるのかしらん?

 

 

このブラジルの犬は好きな人と出会えて幸せよ。ブラジルに生まれて幸せよ。ご近所の国や東南アジアに生まれていたら、とっくに食べられてるわ。

ベトナムなんて繁殖所から食肉業者に引き渡す際に、ちょっとでも体重をかさ増しするために、無理やり泥水を胃に流し込むように、飲ませるらしいわよ。

食肉市場・ベトナム・犬・泥水」で記事が出てくるわよ。あまりの残酷さに見出しを見ただけで気分が悪くなったわ。

「おまえも牛豚鳥を食べるじゃないか!」と言われたら返答に窮するけど、犬を食べる国は民度が低い・・ような気がする・・普通はあんなかわいい忠実な生き物を食べられないからね。

おすすめの記事