数年前、世界ランキング4位だった錦織圭くんは今、13位。13位でも、すごいけど、手術後の肘もよくなってきているようだし、もうひと踏ん張りして上位を目指してほしいと思うのは錦織ファンだったら当然~。

10月にコーチ契約を解消したので、え?マイケル・チャンとコーチ契約を解消したの?と思ったら、マイケル・チャンは全体を統括するコーチで、フルタイムで指導してもらったり、ヒッティングの相手は別にいるのね~。

フルタイムで指導してもらう新コーチが決まった~。

錦織君の新コーチ

新コーチに元ダブルス世界1位のマックス・ミルヌイ氏(42=ベラルーシ)が就任する。

★ミルヌイ氏は、全仏4度、全米2度のダブルス優勝。
★シングルスでも02年全米で8強。
★03年にはシングルスで自己最高の18位となった。

「Beast(野獣)」の愛称どおりに、195センチの長身から放たれる強力なサーブと、相手に襲いかかるようなネットプレーが武器。

錦織は「彼ほどの攻撃はしないまでも、サーブとネットプレーは改良して取り入れたい」と、課題克服のために新コーチを選んだ理由を明かした。

事実、右肘のけがもあり、この機会に「フォームや体の使い方を少し変える」と、サーブはスピードも出て、肘にも負荷のかからないフォームやグリップに変更する予定だ。

ミルヌイ氏は14歳の時から、錦織と同じ米フロリダにあるIMGアカデミーを拠点としている。18年まで、ダブルスで現役だったこともあり、ヒッティングの相手としても十分な実力を持つ。

錦織圭は、全仏から痛めていた右肘を手術。現在は、スポンジボールを打つリハビリを続けている。復帰は、12月26日から始まる非公式戦ハワイオープンで、公式戦では20年1月3日開幕の国別団体戦ATPカップ(パースほか)に出場予定だ。

ぺんぺん草の独り言

最近のテニス選手の身長、2m前後もあって、高身長からサーブを打ち込まれたらすごい脅威よ。錦織くんは178㎝あるので日本人としては平均以上だけど、世界のテニス界では厳しいわ。

大坂なおみにチャリティーマッチで、「ケイ、サーブが遅い」といじられることもあり、体力、パワーは必須なのよ。しかし、今後は、年齢的なことを考えて、省エネ、体力温存で戦い抜く戦法も考えなきゃならないわ。

今回肘を痛めたのは、全仏オープンで、ブノワ・ペールとの2日がかりの激闘が原因だったと思う。ブノワ・ペールはフランス人だから、観客はみんなペールを応援しているし、1ポイント取るたびにペールは観客を煽ってともかく感じの悪い奴。

錦織くんの肘を悪化させて許せん!

楽天オープンにも来てたけど、早々に負けて、悔し紛れにネットを蹴り飛ばして帰っていったのよ。ヤ~ちゃんみたいな奴だと思ったわ。

今後の錦織くんは、肘だけでなく、体力を温存しながら試合を進める戦法を考えなきゃ。フェデラーは30代後半だけど、怪我したって聞かないわよ。体力を温存する方法を知っているのよ。

新しいコーチは195㎝で、シングル最高位18位だからヒッティングパートナーとしても期待できるし、来年はオリンピックもあるし、スケジュール的にもますます厳しくなるだろうけど、体力温存して試合を進める戦法も研究して、怪我をしないで納得できる試合をしてほしいわ。

おすすめの記事