信子さま退院 腰椎骨折の経過観察

信子さま、退院なさったそうです。

信子さま退院 腰椎骨折の経過観察

宮内庁は8日、寛仁親王妃信子さま(67)が2019年に骨折した腰椎の経過観察で入院していた慶応大病院(東京都新宿区)を退院されたと発表した。同庁によると、信子さまは必要な検査を終え、体調に変わりはないという。

 信子さまは4日に入院した。19年9月に住まいの宮内庁分庁舎(千代田区)で転倒し、第1腰椎を骨折した。


寛仁親王妃信子さま退院 腰椎骨折の経過観察

ぺんぺん草の独り言

7日の公務を取りやめられたので、お具合が悪いのかと心配したけれど、体調に変わりなく、必要な検査を終え退院なさったのでよかった。

腰椎骨折は老人の寝たきりになる原因の一つだが、さすがに皇族はサポートが行き届いているので、快復も早く、退院後のケアも万全で、全て任せておけばいいので安心で羨ましい。

痛みは今後も続く可能性があるが、骨密度を下げないように食事と運動に気をつけられたらと思う。そんなことは、医者から宮内庁に伝えられて、万全を期していると思うので、ここで書くまでもないですね。

おすすめの記事