信子さま

信子さま、第一腰椎骨折の経過観察のため都内の病院に入院

三笠宮家の寛仁親王妃信子さまは4日午前、2019年9月に骨折した第一腰椎の経過観察のため、都内の病院に入院されました。

宮内庁によりますと、信子さまは階段の上り下りや長距離の歩行の際に若干の痛みがあり、4日から、東京・新宿区の慶応義塾大学病院に入院し、CTやレントゲンなどの検査を受けられるということです。

信子さまの検査入院は去年6月以来で、新型コロナウイルスの感染拡大により延期されていたものだということです。

退院の日程は未定ですが、今月7日に予定されている公務に変更はないということです。


寛仁親王妃信子さま、都内の病院に入院 第一腰椎骨折の経過観察

今月7日に予定されている公務に変更はないと当初発表されていたが・・・取りやめられました。

4日、3年前に骨折した第一腰椎の経過観察のため、都内の病院に入院した三笠宮家の寛仁親王妃信子さまについて、宮内庁は、あさって7日の公務を取りやめられると発表しました。

信子さまは、2019年9月にお住まいで転倒し、背骨のひとつである第一腰椎を骨折されました。

今も階段の上り下りや長距離の歩行の際に若干の痛みがあるということで、4日から、東京・新宿区の慶応義塾大学病院に検査入院していましたが、宮内庁は、5日、7日に予定されていた千葉県赤十字大会への出席を取りやめられると発表しました。

引き続きの検査が必要であると医師が判断したということで、退院の日程は未定だということです。


信子さま、7日の公務を取りやめ 都内の病院に入院…引き続き検査へ

ぺんぺん草の独り言

3年前に骨折した第一腰椎の経過観察など、一般民はあまりしないけれど、やはり皇族は至れり尽くせり。高齢になってからの骨折は治ってからも痛みが続くことがあるようなので、精密検査をされているのでしょう。以前、信子さまはお腹のあたりが異常に膨れあがっていたことがあったが、コルセットをなさっていたのかもしれない。養生なさって下さい。

おすすめの記事