男子テニス世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(32)=セルビア=が8日、自国メディアに対して自身への批判を「魔女狩り」だと苦言を呈した。

テニス界の石田純一・・・

なんて書いたら、ジョコビッチがちょっと気の毒だけど、中身は石田純一。
なんで批判をされているかを理解していないバカ。

ジョコビッチに反省なし

自身が主催し6月中旬に行われたチャリティー大会「アドリア・ツアー」では、ジョコビッチ本人、妻、ディミトロフ(ブルガリア)ら関係者9人が感染した。

参加選手がナイトクラブで楽しんだり、観客の距離が保たれないなど、感染拡大防止策の甘さが世界中から批判された。

主催者としての責任は感じつつも「最近は批判しか見ない。その多くは悪意がある。批判を超えて、有名人をおとしめるのが目的の議論や魔女狩りのようになっている」と苛立ちをにじませている。

大会の趣旨を「バルカン地方の選手、協会を助けたいという純粋な気持ちだった」と改めて強調した。

感染発覚後は自主隔離を行い、先週の検査で陰性との結果が出た。

3月中旬から中断している男子テニスのツアー大会は、8月14日開幕のシティ・オープン(米ワシントン)から再開する。「シティOP、ウェスタン・アンド・サザンOPは出ない」と明言。

2年ぶりの優勝がかかる4大大会、全米OP(8月31日開幕・ニューヨーク)については「プレーするかどうか分からない」と濁した。

米紙「ニューヨーク・ポスト」がジョコビッチを批判

ジョコビッチがの自分は悪くないとの主張に対し、米紙「ニューヨーク・ポスト」が厳しいん論調でバッサリ切ってくれたので、スカッとしたわ。

「ニューヨークポスト紙の記事は「ノバク・ジョコビッチは、なぜ今回の無責任な行為がここまで不評なのか理解できていない」とバッサリ。

その上で「ジョコビッチは彼の立場が多くの人々に批判される理由だと信じている」と指摘している。

ぺんぺん草の独り言

ニック・キリオス(豪州)らプロ選手からも批判を浴びたジョコビッチは、セルビアメディア「Sportski Zurnal」で持論を展開しているところが、重ねて卑怯。

セルビア政府がジョコビッチを擁護

ジョコビッチとセルビアの首相
出典:https://news.nifty.com/article/sports/tennis/12290-712471/

ジョコビッチはセルビアの英雄であり、多額の寄付をしてくれる貴重な金づる。

セルビア内でジョコビッチの批判をする人などいないと思うのよ。その証拠に首相が擁護しているからね。

自身の主催するテニスのエキジビション大会『アドリア・ツアー』で、新型コロナウイルスの感染拡大を招いたとして批判を浴びているノバク・ジョコビッチだが、この大会の開催を承認したセルビア政府のアナ・ブルナビッチ首相が、「ノバクではなく私に批判をぶつけてほしい」と、ジョコビッチを擁護している。

ノバクではなく、わたしを責めて~ですって。

約4000人もの観客を集めたアドリア・ツアーでは、人々の社会的距離を保つことや、マスクを着用することなど、新型コロナウイルス感染対策を徹底しない中で開催され、出場選手や関係者に多くの感染者を発生させる結果となった。

医療体制が整ってないくせに、この無策、呆れるわ。中国からマスクや医療機器を恵んでもらって感謝している国だもん。セルビアってホントに無知な後進国だわ。ヨーロッパ系の顔をしているから、アジア人を心底では差別しているだろうけど、日本の方がずっと先進国で、立派な国だと思うわ!

ジョコビッチはこの大胆な運営方式について、かねてよりセルビア政府の指導の下で行なっていることを強調していたが、大会主催者である自身に批判が殺到。

セルビア方式の無策に従い、さらに、ナイトクラブで飲めや歌えの、裸踊りをしたんだから、クラスター発生は当たり前よ。

世界中の人は、このナイトクラブでの飲めや歌えのどんちゃん騒ぎを批判しているってことに気付かないのだから、ジョコビッチってホントにバカ。

テニスが世界ランキング1位だから殿様気分なのよ。だから自分が批判されることに我慢が出来ないんだわ。

これに対して、ついにセルビア政府が声を上げた形だ。

セルビアメディア『mondo.rs』によると、ブルナビッチ首相は

「ノバク・ジョコビッチを全面的に支持します」と力強く述べているという。

たくさん寄付してもらっているもんね。

また、ジョコビッチに集まる批判について

「もし彼ら(批判する人々)が、首相としての私を責めて、ノバクをそっとしておいてくれるなら、それ以上に望むことはありません。これは、規制を緩めた私たちの過ちです」とした。

また、危険にさらされた人々への謝罪はあるのか?という問いに対しては「謝罪が必要な人にはもちろん私から謝ります。だから、ノバクは放っておいて」と述べているという。

謝って済むなら、警察いらん!

セルビア政府が擁護していることでジョコビッチはもちろん、この大会に参加していたティームも調子に乗って、オーストリア誌に

「なぜ多くの人が干渉したがるのか分からない」

なんてことを言っている。

世界中で感染爆発が起こっていて、まったく収束の兆しがない現状で、批判されて当然の裸踊りで拡散をして、一度は謝罪したけど、開き直ったこの二人は、ちょっと人よりテニスが上手なだけのバカ。

金をたっぷり稼いだので、エラクなったと勘違いしているのよ。

人はお金がわんさか入って来たら、勘違いすることがあるからね。

エラクなったと思ったから、ジョコビッチは、チャリティーテニス大会を開催して、貢献しようと思ったんだろうけど、根底がテニスしかできない、非常識なバカだから、新型コロナの世界的情勢を見極める能力がなく、非常識な行動をして、批判されているだけど、バカだから、なんで批判されているかさえ、理解していないのよね。

ジョコビッチはCOVID-19に感染したけど、免疫力で自然治癒しちゃったわ。しかし、バカは生涯治らないわ。

おすすめの記事