大阪府が休業要請に応じないパチンコ店を公表した翌朝、

営業をやめないパチンコ店
出典:https://www.nikkansports.com/general/nikkan/photonews/photonews_nsInc_202004250000213-0.html

他府県からもパチンコ依存症たちが集まり、早朝から長蛇の列だったそうよ。予想したことだけど、あ~あって感じじ・・・。いつ集団感染が起こっても不思議じゃない状況だわ。

営業継続パチンコ店で行列

パチンコ店の多くは休業しているので、他府県から人が集まり、いつもの週末の2倍の人数だったらしい。

大阪市内から来店した自営業の男性(42):「家にいてもヒマやからな。地元の店は休業中だから、遠征してきた。コロナ? ハッ!? パチンコはオレの趣味や!」

アルバイトの男性(25):「地元で開いてる店を探すよりも、確実に開いている店に来た」。

常連客の60代の男性:「家族からは行くなと言われているけど、午前中だけと言って出てきた。コロナもちょっと怖いし、もし絶好調モードに入っても、家族との約束は守るつもり…」

出典::https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202004250000213.html

ぺんぺん草の独り言

営業を継続していることを公表したら、依存症の人が遠くからでも来るだろうと思ってたけど、やっぱりね。密接した店内で換気もそれほどで出来ていないだろうし、もし、一人、感染者がいたら、あっという間に拡大するわ。

しかし店側も、店を閉めたら従業員に給料が払えないし、仕方がないという面もあるので、これは各自治体に任せるのではなく、国がはっきりとし補償額を明記して休業させるべきね。

大阪府が補償ができたらいいけど、大阪は東京と比べたら圧倒的に規模が小さくて出来ないのよ。吉村知事はいろんなことを承知の上で、感染拡大を阻止するためにお願いしているのよ。

せめて5月6日まで、店を閉めてくれないかしらね。

国は何している?安倍さんは頼りないと悪口ばかりが聞こえてくるけど、安倍政権は中国から撤退する日本企業を援助する用意をしているみたいで、供給網(サプライチェーン)の再構築を考えているのよ。

中国コロナは数年かかってもいつかは収束する。その時、中国に世界を牛耳られていてはならないのよ。今までは、人件費の安い中国を工場として世界中が利用してきて、中国を世界大2位の経済大国にしてしまい、中国がなければ世界中、経済活動が立ち行かなくしてしまったのよ。

中国コロナが収束したとき、中国なしの世界を構築しなくてはいけないと思うわ。

パチンコをやめられない人たちは依存症という立派な病気よ。コロナを契機に自分がギャンブル依存症であることを自覚し、治療しましょう~!

パチンコをやめたらバラ色の人生になったというブログがたくさんあるわ。

パチンコやめたらバラ色の人生

パチンコをやめたらお金だってたまるし、コロナで死ぬこともないわよ。

おすすめの記事