警察犬を表彰、遭難中の教授発見

警察犬を表彰、遭難中の教授発見

奈良県天川村の山中で遭難した大阪大特任教授審良静男さん(68)の救助に貢献したとして、県警の嘱託警察犬ジューク号に岡本哲也吉野署長が2日、感謝状とビーフジャーキーなどを贈った。

ジューク号は怖がりで山間部の捜索は初めてだったが、持ち前の集中力を発揮し、お手柄を挙げた。

署によると、審良さんは7月24日、山中で道に迷い負傷。

捜索2日目の26日朝から出動したジューク号は分かれ道で谷底に向かうそぶりを示し、この反応を頼りに捜索隊が登山道から約800メートル外れた場所で発見した。

ジューク号はジャーマンシェパードの雄3歳で警察犬2年目。

ご褒美のドッグフードに興奮してかわいいわあ~

阪大の審良特任教授は立派な人だった

審良さんは免疫研究の第一人者として知られ、ノーベル医学・生理学賞の受賞が有力視されたこともある。

ぺんぺん草の独り言

大阪大特任教授審良静男さん(68)ってすごく立派な方だそうで、遭難報道があった時、知り合いがすごぐ心配してた。行方不明になったのは7月24日。発見されたのは26日。わずか2日間だけど、25日には勝手に、もう厳しいかもと思ってしまってた。

嘱託警察犬ジューク号に見つけてもらったおかげで、人類のためになる研究が続けられて、わたしたちは恩恵を受けるかもしれないわね。この犬は人類の恩犬よ。

 

おすすめの記事