行方不明になった小学生男児を早期に発見した警察犬「ドン号」が、広島東警察署長から表彰された。

表彰されたドン号=2021年5月14日午後1時30分、広島東署、松尾葉奈撮影

警察犬「ドン号」がお手柄

広島東警察署によると、4月23日午前9時ごろ、男児(10)の母親が「子どもがいなくなった」と通報。自宅から約1・3キロ先でランドセルが見つかったため、同11時ごろにドン号が出動した。ランドセルのにおいを追い、約40分後、広島市東区の駐車場で男児を発見した。男児にけがはなかった。現場付近は人や車が多く、においが混ざったり途切れたりする中で、すばやく見つけたことが高く評価された。

ドン号の正式名称は「ドン オブ グリーンフォレスト号」で、9歳オスのシェパード。ドン号のパートナーで鑑識課の坂井邦治巡査部長(37)は「必死にあきらめず、最後までやりぬいてくれた。男の子が見つかり、ドンちゃんもうれしかったと思う」とほめた。

ドン号はこれまで30件の事件に関わり、殺傷事件の遺留品発見にも貢献した。坂井巡査部長は「おとなしい性格だが、現場での活動が好きな警察犬。すごく優秀だ」と絶賛する。

今月14日の表彰式では、佐藤信夫署長がドン号に表彰状と好物のリンゴを手渡した。おとなしく座ったドン号は、署長や坂井巡査部長からなでられ、しっぽを振ってうれしそうだった。(松尾葉奈)

ぺんぺん草の独り言

以前、家出少女を発見したドン号ってのがいたけど、別の犬みたいね。家出少女にしたら、発見してくれなくていいのに、と思ったかもしれないけど、今回の10歳の小学生を発見したのは、ホントによかったと思うわ。

9歳だからもう高齢だわ。立派な犬だわ。

今回の小学生はなぜいぜ、いなくなったのか、文面だけではわからないのが残念。

午前9時ごろ、男児(10)が、なんで自宅から約1・3キロ先でランドセルを置いて、いなくなったのか?

誘拐事件か?と思ったらそうでもないみたいよね。

この子は学校に行きたくなくてランドセルを捨てて、プチ家出したのかも。

いなくなってすぐ警察に連絡したので、すぐ見つかってしまって、小学生は残念だったかも。しかしこんなことを思えるのは、事件ではなかったから。

後は家庭内で解決することですね★

おすすめの記事