捜索中に山中で警察犬逃げる

兵庫県で捜索中に山中で警察犬が逃走し今も見つかっていません。

やっぱ、犬も人間も、自然豊かなところに来たら、働きたくなくなるのでございますヮ。

25日午後1時半ごろ、兵庫県福崎町田口の七種山(683メートル)で、行方不明者を捜索していた同県警直轄の警察犬「クレバ号」が突然走りだし、綱をつかんでいた男性の鑑識課員は強く引っ張られて手を離してしまった。

子供の頃近所でシェパードを飼ってたのよ。そこのおばさんが散歩中に猫が横切り、犬がものすごい力で引っ張って、手を離してしまったのよね。犬はあっという間に猫を追いかけてどっかに行ってしまって、自治会総出で探したことがあったヮ。訓練していないシェパードって、ホントにアホなのよ。

思いだしたあ~
警察犬といえばエリートなのに、なんなの?この奇妙な親近感!

犬は山中で姿が見えなくなり、県警は35人態勢で捜し続けた。

兵庫県警によると、クレバ号は雄のシェパードで2歳。体長約120センチ、体重約30キロで、体毛は黒と茶。性格はおとなしいという。

きっと、ずっと我慢して働いていたのよね~。

昨年7月末から活動していた。逃げた場所から約2キロ離れたところには集落があり、県警は住民に情報提供や注意を呼び掛けている。

おとなしい警察犬なら大丈夫よ。

「お座り!」

って号令をかけたら反射的に座るわよ。

七種山では25日、家族から届け出があった兵庫県明石市の女性(54)の捜索が行われ、クレバ号と一緒に参加していた別の警察犬が同日午後、この女性の遺体を見つけた。遺体に不審な外傷などはなく、事件性は薄いとみられる。

同僚の犬は優秀なのね。

ぺんぺん草の独り言

リードを放してしまった鑑識課員は辛い立場でしょうねえ。今後はもう、捜索には参加させてもらえないだけではなく、降格、減給処分かもよ。

警察犬には2種類あって、警察が所有している直轄犬と、一般家庭で育ち、警察犬の試験に合格して非常勤で警察犬をしている嘱託犬の2種類があるんだけど、「クレバ号」は警察直轄犬よ。

委託犬だからちょっと甘えがあったのかも?と思ったら違うやん!

山の中で捜索していたら、キツネや猿など、興味を引く動物がいて、遊びたかったのかもね。しかしリードを付けたままだからどこかに引っかかって動けなくなっているかもよ。

警察犬「クレバ号」は仕事を放棄し、逃走したため、懲戒免職でしょうね。そして家庭犬になったほうが幸せよ。

テレビニュースでは、ヘリコプターを飛ばして探してたわよ~犬を~。

不向きな仕事をずっとさせられるより、懲戒免職になり家庭犬として気楽に生きたほうがいいわよ。家庭犬にしたらかなりお利口なワンコだと思うわよ。

しかし、警察犬を捜査中に脱走させてしまうなんて前代未聞。ともかく無事見つかることを祈るわ。そして見つかったら怒らないであげてほしい。

盲導犬にしても警察犬にしても、引退する頃は膀胱炎や腎盂炎になっていることが多いらしいよ。自由におしっこも出来ないからね。

山の中だし、いくら警察の捜査員でも探し出すのは厳しいね。逃がしてしまった犬をたくさんの捜査員が探し回っているって、なんともトンマ。クレバ号と一緒に参加していた別の警察犬に捜索してもらったら?

(10月27日午前に見つかりました!
山中で逃走の警察犬みつかる リードが木に絡まり動けず)

 

おすすめの記事