水玉模様のシマウマがケニアの国立保護区で見つかったそうよ。水玉模様ならシマウマではなく、タマウマではないか?と思うのは私だけ。遺伝子的にはシマウマ~。

水玉模様のシマウマ

水玉模様のシマウマ

ケニアのマサイ・マラ国立保護区で、めずらしい水玉模様のシマウマが発見された。

まだ子どものこのシマウマを見つけたのは、写真家のアントニー・ティラさん。

水玉模様の原因は、皮ふの色素が過剰になるメラニズムだとみられている。

ぺんぺん草の独り言

メラニズムとは先天的に皮膚や髪のメラニン色素が過度に増加し、黒くなる現象のこと。 白くなるアルビノの逆。

金髪のシマウマもいるんですって。

金色のシマウマ
出典:超レア! 「金髪」のシマウマ

金髪で超レアだと、無責任に面白がるけど、自然界では、目立つから、獲物として狙われやすくて危険だわね。

ケニアの保護区で水玉模様のシマウマ発見

水玉模様のシマウマの水玉の模様の原因は、皮ふの色素が過剰になるメラニズムだとみられている。
出典:https://www.bbc.com/japanese/video-49836581

水玉のシマウマ「ティラ」は醜いアヒルの子のように、違っても差別しないでおとなたちに守られているので、今のところは大丈夫みたいね~。シマウマって性格が狂暴で、あんまりかわいくなくて好きじゃないのよね。でも、色が黒いので、目立ちにくいので、大きくなっても無事生きていけそうで、何となくホッとするわ~。

おすすめの記事