トランプ大統領退院

トランプ大統領とメラニア夫人がコロナに感染。大統領が入院したあと、側近が次々感染。ホワイトハウスクラスターが発生していることがわかり、討論会の前にはすでに陽性であることをわかっていたのにマスクをしないで討論会に出た疑惑もある中、元気をアピールするため、病院から外出。

大統領選が近いから、元気をアピールしなきゃならないので、無理して退院。

本当は横になっていたいけど、選挙の前に弱みを見せられないので「体調はすごく良い」「新型コロナを恐れるな」とツイートしたらしいね。

本当は、味覚や臭覚がなくなり食欲はないし、慢性疲労症候群のような状態で、横になっているけど、弱みは見せられないので、高齢なのに、空威張り、しんどいわね~。

イギリスのジョンソン首相は、美人のナースに看護をしてもらったので、名前を呼びあげ感謝を伝え、闘病の中にも喜びがあり(動画の3分30秒過ぎあたりから)今までのコロナ政策が間違っていたと認め、コロナ政策を変えたけど、トランプ大統領は選挙が近いから、今更変えられないから、強気を続けるしかないね。

トランプ大統領の新型コロナ語録

■1月22日

「われわれは完全に(新型コロナウイルスを)制御できている。中国から1人入国しただけだ。何も問題ない」

この頃は完全に強気。新型コロナを甘く見ている。

■2月7日

「ひどいインフルエンザより致命的だ…これは致命的なやつだ」。米ジャーナリスト、ボブ・ウッドワード(Bob Woodward)氏に向かってこう述べたことが、9月9日に発売されたウッドワード氏の新著で分かった。

■2月26日

「これはインフルエンザだ。インフルエンザのようなものだ」

■2月27日

そのうち消えるだろう。ある日、奇跡のように消えるだろう」

消えないね、まだ。

■3月6日

治療法に関する科学研究について。「こういうものは好きだ。私が理解していることにみんな驚く…医者は全員『なぜ、そんなに知っているのですか』と言う。生まれつきの才能なのかもしれない。大統領になる代わりに、こっちをやればよかったかもしれない」

■3月11日

「ウイルスに勝ち目はない。米国以上に準備していて、回復力がある国はない」

■3月14日

自らの新型コロナウイルス対応について。「私なら10点満点を付ける」

■3月17日

「ずっとこれは本物だと分かっていた。パンデミック(世界的な大流行)と呼ばれるずっと前からパンデミックだと感じていた…常にこれは非常に深刻だとみていた」

ホントにわかってた?

■3月22日

「正直言うと、私は中国に少し腹を立てている」

これをはっきり言ってくれるのはトランプだけ。

■4月3日

「気分は良い。大統領執務室(Oval Office)で、あの美しいレゾリュート・デスク(Resolute Desk)、偉大なレゾリュート・デスクに座っていながら、着けるのは嫌なんだ。他国の大統領や首相、独裁者や国王、女王にマスクを着けて会うのは、何というか、自分は違うと思う。単に着けたくない。そのうち気が変わるかもしれない」

マスクをつけないから、今、ホワイトハウスクラスターが発生してるのよ。

■4月24日

1分でやっつけてしまう消毒剤がある。1分だ。洗浄するため体内に注射するとか、そういうことができないだろうか。というのも、それが肺に入り、肺にとてつもない効果を及ぼすからだ。試してみたら面白いだろう」

どこにそん消毒剤がある?ないよ。

「紫外線やら何やらとてつもなく強力な光を体に照射したとする。君はまだ調べていないが、試してみると言っただろう。だからこう言ったんだ。皮膚を通すか、他のやり方でもいいが、体内に光をあてればいいと」

■4月30日

「世界保健機関(WHO)は自らを恥じるべきだ、まるで中国の広報機関のようだ」

その通りだと思う。日本政府は情けないことにこれが言えない。

■5月19日

「感染者が多いのは、悪いことだとは思わない。ある意味良いことだと思う…われわれの検査がずっとよくなったことを意味するからだ。名誉の印だと思っている、本当に名誉の印だ」

■7月28日

抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンについて。「信じている。私は服用した。知っているだろうが、私は14日間、服用した。で、ご覧の通り、ここにいる。早い段階のほうが効くと思う」

抗マラリア薬は効果なしらしいよ。

■9月22日

われわれはこの疫病を世界に振りまいた国、中国の責任を追及しなければならない…中国政府、そして事実上、中国に操られているWHOは、ヒトからヒトへの感染を示す証拠はないという偽りの宣言をした」

これを言ってくれるから、トランプに再選してもらわないとだめなのよ。バイデンは中国のマネートラップに引っかかってるんですって。バイデンが大統領になったら、尖閣は中国船籍で埋め尽くされるかも・・。

■10月2日

「今夜、@FLOTUS(大統領夫人)と私は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性と診断された。ただちに隔離と回復のプロセスに入る。共に乗り越えていく!」 (c)AFP

ぺんぺん草の独り言

トランプ大統領は

「コロナはただの風邪」
「マスクを外し、友達と密になって遊ぼう」の会の元東京都知事候補と似ているから

「コロナを恐れるな!」と強がりを言うと思ってた~。

しかし日本だったら、討論会の前にすでに陽性だった疑惑があるし、入院中に抜け出して車で支援者を回るし、退院後も、コロナ対策を強化する気はないみたいだし、厳しい批判にさらされて、支持率は0になりそうだけど、欧米人と新型コロナに対する意識が違うみたいで、支持率が上がっているってニュースで見て驚いた~!

トランプ大統領は、弱者切り捨て、白人至上主義だし、治安が悪くなっていて、日本人ジャズピアニストが襲われたらしい。

【ニューヨーク共同】米国を拠点に活動する日本人ジャズピアニストの海野雅威さん(40)が、ニューヨーク市の地下鉄駅構内で若者グループに暴行され、右肩と腕の骨が折れるなど重傷を負ったことが5日、分かった。演奏復帰のめどは立っていない。新型コロナウイルス感染拡大による社会不安や景気低迷で、同市は治安が悪化している。

海野さんによると、仕事から1人で帰宅中の9月27日夜、市中心部マンハッタンの駅ホームでたむろしていた男女8人ほどのグループから「体が触れた」と言い掛かりを付けられ、袋だたきに遭った。救急搬送され治療を受け、手術が必要になる可能性もあるという。

アメリカ人には、日本人も中国人も区別がつかないからかもしれないし、単なるアジア人差別なのか、わからないけど、トランプ大統領下のアメリカは怖ろしいわ。

しかし、バイデンが大統領になったら中国寄りの政策をするだろうから、日本は苦しくなるわ。トランプがコロナを軽視していても、やはり、再選してもらうしかない、と仕方なく思ってる・・・。

おすすめの記事