【2月10日 AFP】英国のチャールズ皇太子(Prince Charles、72)が、新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を受けた。公邸が10日、明らかにした。皇太子は昨年、同ウイルスに感染していた。

チャールズ皇太子とカミラ夫人COVID-19ワクチン接種

英チャールズ皇太子・カミラ夫人COVID-19ワクチン接種

皇太子と共に、妻のカミラ夫人(Camilla, Duchess of Cornwall、73)も接種を受けた。同国保健当局は目下、70代に対してワクチン接種を強く呼び掛けている。

英国は欧米諸国の中で最初に一般市民を対象にした接種を開始し、同国史上最大のワクチン接種計画を進めている。

同国内で、米製薬大手ファイザー(Pfizer)と独製薬ベンチャーのビオンテック(BioNTech)のワクチンか、あるいは英製薬大手アストラゼネカ(AstraZeneca)と英オックスフォード大学(University of Oxford)のワクチンのいずれかを接種した人は、これまでに約1250万人に上っている。

政府は、感染や重症化のリスクが最も高い人々への接種を今月15日までに完了したい考え。この高リスク層は1500万人で、うち最後の対象となるのが70代だ。

エリザベス女王(Queen Elizabeth II、94)と夫のフィリップ殿下(Prince Philip, Duke of Edinburgh、99)は、先月接種を受けている。

王室が女王個人の健康に関わる情報を公表するのはまれだが、先には80代のワクチン接種が進められており、接種計画の推進を狙ったものとみられている。(c)AFP

ぺんぺん草の独り言

一度新型コロナに感染した人がワクチンを摂取したら、副作用が強く出るとか言われていたけど、大丈夫みたいね。

女王もしばらくしたら、二度目の接種をするだろうし、ホントに申し訳ないけど、人体実験のような感じで、王室の方々の大丈夫な様子をみたら、このワクチン、大丈夫かも、と英国民は思うでしょうね。

直後の副作用で死ぬことはなさそうだから。

このワクチンは生ワクチンでも、不活化ワクチンでもなく、メッセンジャーRNAに働くという、わたしにはわけのわからないワクチンだけに、若い人にとっては、長期的に大丈夫かどうかはわからない。

しかし、高齢者のかたはワクチンを受けてほしい。病院の逼迫は高齢者の重症者がベッドを占めているからだし、全体的に感染者が減れば、若い人の感染者も減っていくんじゃないかな?

日本と王室は違って、上皇上皇后はワクチンの順番がまわってきても「まずは国民の方々どうぞ」と譲るふりして、なさらないんじゃないかしらね。平民で人体実験をしてからしかしたくない、と思ってそう。

じゃあ二階と森さんあたりが接種し、国民に接種を呼び掛ければいいのよ。

森さんは女性蔑視問題で晩節をますます汚したし、二階も全身が汚れているので、ワクチン接種を公開で行い、国民に接種呼び掛けをしたら、ちょっとは見直されるかもよ。この二人、船が沈没しそうになったら、我先に逃げ出しそうな人たちだから、どうするしらね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「上に立つ人」の仕事のルール [ 嶋田有孝 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/2/11時点)

おすすめの記事