フィリップ殿下の葬儀中、ウィンザー城でトップレス姿の女が抗議したというニュースを見た瞬間、メーガンが裸でウインザー城に乱入したのかも思ったわ~笑笑

ウィンザー城でトップレス姿の女が抗議

フィリップ英殿下の葬儀が行われた17日、ウィンザー城の外に集まった大勢の市民が黙とうをささげていたところ、突然1人の女が上半身裸になって騒ぎ出した。

当時城内では葬儀が行われていた。現場にいた記者によると女は、ごみのポイ捨てや動物虐待、環境汚染に反対するスローガンを叫んでいたという。

フィリップ殿下葬儀トップレス女乱入

こういう変な人がいるから、真面目にごみのポイ捨てや動物虐待、環境汚染に取り組んでいる人まで、頭の変な人に思われてしまう。トップレスで乱入したっていうから、メーガンかと、思っちゃったわよ。しかしこの女、デブね。

葬儀欠席のメーガン「上から目線」

メーガンは第2子を妊娠中を理由にフリップ殿下の葬儀を欠席。3月上旬に米国で放送されたインタビュー特番でメーガンは人種差別や自殺願望を口にして、王室批判を展開していたが、ここにきて王室との和解に動き始めているようですよ。

英紙「デイリー・メール」は取材に応じたメーガン妃の友人のコメントを掲載。

それによると、メーガン妃はフィリップ殿下の逝去を受け、

「王室が困難を迎えた今こそ、お互いの意見の違いを乗り越えて、家族が団結するべき」

「家族がひとつにまとまることこそフィリップ殿下の望み。(王室メンバーを)許すつもりだし、前に進みたいと思っている」などと話しているという。

 

 

 

あんたに許してもらいたい王室メンバーなんて一人もいないよ。アメリカに帰ってくれて、みんな喜んでいるでしょ。子供さえいなかったら、さっさと離婚してヘンリーは戻って来れるのに。やっぱり、王子はイギリスにいるべき人だと思うけど。

 

さらに、友人は
「メーガン妃とフィリップ殿下の間には特別な絆があった。メーガン妃はフィリップ殿下を敬愛していた」

「メーガン妃は葬儀に出席するかどうかはエリザベス女王との関係に影響しないと言っている。エリザベス女王は欠席の理由を理解しているから、お腹の子のために安全で健康でいてくれることを望むだろうとメーガン妃とも言っている」

とコメントしたという。

「メーガン妃の友人サイドの話ですから、さもありなんですが、あまりにメーガン妃に都合のいい話。ヘンリー王子をたきつけて王室を飛び出し、米国に戻ったら戻ったで、後ろ足で砂をかけるように王室を攻撃したメーガン妃が

『王室を許すつもり』

なんてよく言えたもの。そう受け止めている人は少なくない。

メーガン妃は葬儀参列によって注目を集めるのを避けたかったとも言われていますが、英国で冷遇されるのが単に怖かったんじゃないでしょうか」(在英ジャーナリスト)

ぺんぺん草の独り言

今の季節のロンドンは約5℃。トップレスでは寒いと思うけどね。肉がついているから寒くないのかな?

ごみのポイ捨てや動物虐待、環境汚染反対は立派な考えだけど、抗議は洋服を着て、別の場所でやろうね。

このニュースみて、メーガンか?って思うほどぴったりよ。

十分お金も手に入れたし、おとなしくアメリアで隠遁生活していればいいのに、目立ちたいのね~。最終的な夢は、ヘンリーを利用して、ハリウッドで役を得て、アカデミー賞受賞でしょうね。

この人のドラマを見たことないけど、そんな素晴らしい女優ならとっくにもっと映画に出ているでしょうよ。

日本の宮内庁はヘンリーメーガン問題を対岸の火事と思わず、他山の石としてほしい。

おすすめの記事