三笠宮彬子さまが、皇族として初の、オンラインでのセミナーに参加されました~。

自粛期間中は、今まで読めなかった資料だとかを読み込んだりとか、論文をじっくり書いてみたりのご生活をなさっていたそうで、やはり彬子さまは、アカデミックで上品な自粛生活なんだわ~と改めて思いましたわ~。

彬子さま、オンラインセミナーに参加

皇族として、初めてオンラインセミナーに参加される。

彬子さま「6、7月くらいまで、ほとんどの公務はキャンセルという状態になりまして、今まで読めなかった資料だとかを読み込んだりとか、論文をじっくり書いてみたり」

新型コロナウイルスの感染拡大により、皇室の活動も取りやめが続く中、三笠宮彬子さまは、総裁を務める団体「心游舎」のオンラインセミナーに、5月と6月6日、お住まいの宮邸などから参加された。

オンラインセミナーへの参加は、皇族では初めてで、「リモートセッションの試みを今後も続けていきたい」と話されている。

(2020/06/08)

ぺんぺん草の独り言

彬子さまが総裁を務められる「心游舎」とは、

「日本の伝統文化が生き続けることができる土壌を形成したい」

そしてその核となる子どもたちに「本物の日本文化にふれる機会を提供したい」。

そんな彬子女王殿下の思いに共鳴した有志一同で設立した団体。
活動の中心は、子どもたちが日本文化を体験するワークショップを主催、あるいはプログラムを提供すること。
出典:「心游舎」

もし、寛仁親王が今もお元気なら、男系男子を養子に迎えるなど、積極的に発言されていたと思うのだけど、今や、はっきりとモノを言える人がいなくなっちゃったからね。

上皇上皇后が、女性天皇を推進すると言ってたんだから、なにをいわんやだわ。

上皇上皇后は何か、雅子さまや、雅子さまの実家、小和田家への遠慮が感じられて、他の宮家に子供を産むことを控えさせたり、悠仁さまがおられるのに、女性天皇を推奨したり、弱みでも握られてんの?と、思われても仕方がないのよね。

オンラインセミナーの彬子さまは、のびのび自由な感じでなかなか魅力的だわ。普段もこんな感じの方のような気がする。

彬子さまオンラインセミナー

背景に映っている神社のオマツリ。正面右の本棚にはぎっしりと本が並んでいて、この方は、あたしのように、購入したけど読まずに、

「つんどく」

なんてことはあり得ないと思うので、きっと全部読まれたんでしょうね。

声も、公務の時よりかわいい。公務の時は緊張していて、しっかりとした声になるけど、リラックスしてて、かわいいわ。
イギリス王室はFBやインスタで情報をいつも開示し、オンラインでボランティアの人たちと会話し、自然な形で魅力を伝えてられるけど、日本では無理かと思ってたけど、これいいわね~!

実は…京都に住んでいる知り合いがなぜか彬子さまに少しだけ詳しくて、すごく魅力的だと言ったことがあり「ふ~~ん」っと思ってたんだけど、ホントに魅力的でかわいい方みたいね。

寛仁親王も一般人の中に入っていくタイプの方だったから、殿下に似ているのかもね。

もったいないわね、女王に生まれて。この方は寛仁親王もおっしゃってたそうだけど、男子に生まれていたら、悠仁さまの心強い味方になって下さっただろうに・・。

それからこのオンラインセミナーなんだけど、話し合いの様子も、差し障りがなければ、見たいわよね~。

彬子さまに限っては、生まれながらの皇族なんだから、何者か、だったと思うわよ。

おすすめの記事