イギリスのベアトリス王女の挙式が5月29日に決定しました。

イギリスのベアトリス王女といってもピンとこない方が多いかもしれません。

性犯罪者エプスタインとお友達だったことで窮地に陥り、公務からも外され、誕生日に国旗掲げないと英政府に方針を打ち出された、次期イギリス国王チャールズ皇太子の弟、アンドルー王子(Prince Andrew)

アンドリュー王子とベアトリス王女
出典:https://japan.techinsight.jp/

のご長女です。

お帽子が印象的なお姫様です。↓

ベアトリス王女
出典:https://japan.techinsight.jp/

妹のユージェニー王女に先を越され

ユージェニー王女結婚
出典:ユージェニー王女結婚式

悶々とする日々の中、金目当てかもしれないが、結婚してくれる実業家を名乗る子持ちの男性と出会うことが出来て、お幸せそうです。

英ベアトリス王女の挙式が5月29日に決定

ウィリアム王子とヘンリー王子の従妹にあたるベアトリス王女(31)とエドアルド・マペッリ・モッツィさん(37)の挙式が、英時間5月29日に行われることが決定した。

エリザベス女王の次男アンドルー王子と元妻セーラ・ファーガソンさんの長女ベアトリス王女が、交際中だったエドアルド・マペッリ・モッツィさんとの婚約を発表したのは昨年9月のことだ。

2018年9月に共通の友人を通じて知り合った2人はすぐに意気投合、その後ホリデーを共に過ごしたり、ベアトリス王女がモッツィさんを両親に紹介するなど急速に真剣交際へと発展し、モッツィ氏がベアトリス王女にイタリアでプロポーズした。

カモがネギしょってくる出典:https://bokete.jp/boke/21171550
ええカモが見つかったと、相手の男は大喜びだったと思う~。

しかしベアトリス王女が幸せを噛みしめ、英国が婚約のニュースに沸いたのも束の間のこと。ほどなくして父アンドルー王子が未成年少女の買春への関与を疑われ、当面の間公務の見合わせを余儀なくされてしまった。

昨年12月には母セーラ・ファーガソンさん、妹ユージェニー王女をはじめ、キャサリン妃の妹ピッパさん夫妻、弟ジェームズさん&婚約者のアリジー・テヴェネットさん、米俳優ロバート・デ・ニーロら豪華な顔ぶれを集めた婚約パーティーが開かれたのだが、そこに“未来の花嫁の父”が姿を現すことはなかった。

その後もフィリップ王配の入院やヘンリー王子・メーガン妃の王室離脱といったニュースが世間を騒がせ、ベアトリス王女は挙式日の発表を度々延期せざるを得なかったという。そして婚約発表から4か月以上が経過した現地時間5日、ついに正式な挙式の日取りが公となったのであった。

『The Sun』によるとベアトリス王女とモッツィさんのロイヤルウェディングは5月29日に執り行われる予定だそうで、レセプション(挙式後のパーティー)の会場となるのはバッキンガム宮殿であると『People.com』が報じている。

なお肝心のセレモニーの開催場所については公表されていないが、レセプション会場がバッキンガム宮殿であることを考慮すると、セレモニーが執り行われるのは付近の「ロイヤル・ミリタリー・チャペル」が第一候補であると見る人が多いようだ。

2018年から2019年にかけてはヘンリー王子&メーガン妃をはじめ、妹ユージェニー王女やレディ・ガブリエラ・ウィンザーなど豪華なロイヤルウェディングが続いたが、今年5月のベアトリス王女のウェディングに関しては、一連のスキャンダルを鑑みて「地味婚になるのでは?」と予想されており、英大手テレビ局『BBC』『ITV』はともに、ベアトリス王女のロイヤルウェディングの中継はしないことをすでに発表済みだ。

しかし一部報道によると、エリザベス女王はこのような祝いの席でこそ「王室メンバーが一丸となり、ベアトリス王女の結婚を祝福すべき」と望んでいるという。

ちなみにモッツィ氏には元婚約者との間に2016年生まれの息子がいるため、ベアトリス王女は結婚後ステップマザー(継母)となる。

そうなのよ、この王女の結婚相手もKK同様、いかがわしい人なのよ。元婚約者との間に子供がいるのに、結婚しないで、王女に乗り換えた金目的と思われても仕方のない奴なのよ。

カミラ夫人のようにチャールズ皇太子との再婚でウィリアム王子・ヘンリー王子のステップマザーとなった先例はあるが、エリザベス女王直系の家系から“継母プリンセス”が誕生するのは王位継承権第9位のベアトリス王女が初となる。なお『People.com』は現地時間6日、モッツィ氏の息子がウェディングでページボーイを務める予定と報じている。

ぺんぺん草の独り言

ベアトリス王女(31)の結婚相手、エドアルド・マペッリ・モッツィ(37)は中国系アメリカ人と婚約していて、息子までいるが結婚はしないで、王女と出会って乗り換え今回めでたく?結婚の運びとなった人よ。

イギリス版逆玉KK男だわ。

出自は父親が貴族だというからKKのように乞食ではないけど、相当ヤバイ、いかがわしさを感じる人なので、よくこんな男との結婚をエリザエス女王が許したと思うわ。

末端王族で、王位継承とは遠いので許したのかもしれないけど、ヘンリー王子が王室を離脱したので、今後は、ヘンリー、メーガンの抜けた穴を、ベアトリス王女と妹のユージェニー王女が担うと言われているので、こんな男が亭主でいいの?と思うんだけど。

イギリスと日本では美の感覚が違って、イギリスでは美女なのかもしれないけど、わたしにはベアトリス王女はブス以外の何モノでもないのよ。

妹に先を越され、年齢も30を超えて、焦ってるところに金目当ての男~。出会ってから婚約までも期間が短く、

ブスは焦ってババを引く

という気がしてならないわ。

おすすめの記事