ユージェニー王女に妊娠報道が出ていましたが、英国王室が王女の第1子妊娠を正式発表しました。おめでたいですね。

ユージェニー王女妊娠、英王室が正式発表

現地時間9月25日(金)にインスタグラムにベビーシューズの写真をアップしたユージェニー王女。「2021年初めに向けて、ジャックと私は心を踊らせています」とコメント、間もなく赤ちゃんが誕生することを発表した。

この投稿をInstagramで見る

 

Jack and I are so excited for early 2021....👶🏻

Princess Eugenie(@princesseugenie)がシェアした投稿 -

また王室も正式に声明を発表している。「ヨーク公爵アンドルー王子、ヨーク公爵夫人セーラ、ジョージ・ブルックスバンク夫妻、エリザベス女王とフィリップ王配もこのニュースを喜んでいます」。ユージェニー王女とジャック・ブルックスバンクの両親も喜んでいるとコメントしている。

エリザベス女王の孫に当たるユージェニー王女。生まれてくる子どもは女王にとってヘンリー王子とメーガン妃の息子アーチーに続き、9人目のひ孫になる。アンドルー王子とセーラ元妃にとっては初めての孫になる。また王位継承順位は11位になる。

7月には姉ベアトリス王女がエドアルド・マペッリ・モッツィと結婚、ハッピーなニュース続きのイギリス王室。新たなロイヤルベビーの誕生を楽しみに待ちたい。

ぺんぺん草の独り言

ユージェニー王女ご懐妊

ホントにまだ4カ月なのかと思ったら、英王室は2021年、間もなく赤ちゃんが生まれると発表したので、やっぱりこの写真は7カ月くらいなのかもね。

英国王室家系図

エリザベス女王には

・長女アン王女

・長男チャールズ皇太子
(チャールズ皇太子は 1948年生まれ。アン王女は1950年でした。ずっとアン王女のほうがおばあさんに見えて、順番逆だと思ってた)

・次男アンドリュー王子

・三男エドワード王子

の、1女3男の子どもがいて、孫は8人。ひ孫はユージェニーニー王女の子どもで9人め。王位継承は盤石ね。

(長女アン王女から生まれた後に、長子優先になった。アン王女が生まれる前に長子優先になってたら、次の世代は、アン女王になっていた)

訂正

以前のイギリス王室は男子優先の長子相続制だった。しかしその後、2011年10月28日以降に生まれる王位継承資格を持つ人物について、絶対的長子相続制をとることとなった。これは性別に関係なく、最年長の子どもが継承順位の上位に就くことを意味している。

ということは、

アン王女が生まれた当時の王位継承順位は、

チャールズ皇太子→アンドリュー王子→エドワード王子→アン王女だった。

もし、当時から、絶対的長子相続制であれば、チャールズ皇太子の次がアン王女

次がアンドリュー王子→エドワード王子の順だった。
訂正終わり


イギリスは女王の時代に繁栄するといわれてきたけど、エリザベス2世の今の時代も、王室は盤石で繁栄している。

ユージェー王女が懐妊では?という噂が本当だったから、キャサリン妃が懐妊では?という噂も本当かも。

ユージェニー王女が子供を産むことで、三男エドワード王子の王位継承順位は一つ下がるけど、ヘンリーとアーチー君の順位は変わりません。

海の向こうのイギリスのことだけど、ちょっと楽しみ~。

 

おすすめの記事