秋篠宮皇嗣妃紀子さまが2日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで映画「蜜蜂と遠雷」(4日公開)を観賞され、石川慶監督(42)、主演の松岡茉優(24)らがお出迎えしました。

紀子さまが映画鑑賞の公務をされたら、また、ボロクソに言う人がいるでしょうね。K問題が解決しない限り続く秋篠宮家批判でありますが、主演の松岡茉優は「言葉にならないたたずまいに感動」したと言ってますよ。正直な人ですね。

「蜜蜂と遠雷」ってっどんな内容の映画?

国際コンクールに挑む若きピアニストたちの葛藤と成長を描く、恩田陸さん(54)のベストセラー小説の映画化。

蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/10/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

紀子さま、松岡茉優主演映画『蜜蜂と遠雷』ご鑑賞

紀子さまをお出迎えする松岡茉優

松岡茉優主演映画『蜜蜂と遠雷』鑑賞紀子さま
出典:https://www.musicvoice.jp/news/201910020130459/

紀子さま松岡茉優主演映画『蜜蜂と遠雷』
出典:https://www.musicvoice.jp/news/201910020130459/

秋篠宮紀子さまが2日、都内でおこなわれた、松岡茉優主演映画『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)の試写会に来場、鑑賞された。紀子さまのお言葉に、松岡は「音楽の映画として胸を張れる」と感激した様子だった。

主人公の亜夜を演じた松岡。紀子さまと鑑賞し「言葉にならないほどに感動しました。佇まいに背筋が伸びるぐらい。貴重な体験でした」

森崎ウィンは「妃殿下の見えない包容力で包まれている気がしました」、

鈴鹿央士は「光栄でした。緊張していましたが、包み込んでくださるオーラで、すっと体の力が抜けました」、

石川慶監督は「優しくお声がけくださって、包容力のなかに今もふわふわといる感じです」と喜んだ。

鑑賞後には紀子さまと懇談。

松岡は「決められた時間を越えて感想を仰ってくださって。クラシック映画で演奏のシーンがたくさんありますが、紀子さまは『会場にいるような臨場感があり、拍手を送りたい気持ちでしたが、周りがあまりにも緊張をされていたので、小さく手を叩きました』と述べられました。音楽の映画として胸を張れるお言葉を頂戴しました」と感激した。

紀子さまとの懇談は緊張したという松岡だが「優しい笑顔でこちらを迎えてくださって、私たちも伺いたい質問はたくさんありましたが、逆に多く質問されて、手が勝手に震えていました」といい、

役名で“あーちゃん”と呼んでくださって、作品の世界観に近づいて下さいました。

目が合ったときに微笑み下って。『本当に良かったです』と仰れた時の笑顔が嬉しくて。

ご満足いただけたなら嬉しいです」と振り返った。

ぺんぺん草の独り言

紀子さまは皇室に入られて、美智子皇后(当時)から、話している相手に絶対に恥をかかせるような事をしてはいけない、と教え込まれたということを、当時、読んだことがあったわ。

しっかり本も読んで下調べをして、会場にいらしたと思う。どんな質問をされたかはわからないけど、公務で出会った人に対し、常に包み込むような温かさの方だと思うわ。目と目があって、微笑みを返されたら、どんなにうれしいか!

受け答えも、過剰な反応をなさらないのがいいと思う。

主演の松岡茉優がもっとも嬉しい感想を伝えられて、

『会場にいるような臨場感があり、拍手を送りたい気持ちでしたが、周りがあまりにも緊張をされていたので、小さく手を叩きました』

映画関係者の人たちにとって、一生忘れられない日になったでしょう。映画の宣伝にもなったわね。

 

おすすめの記事