今日、寛仁親王妃信子さまが19日の乳がん手術のため慶応病院に入院されました。

信子さま慶応大学病院に入院

初期の乳がんと診断され、手術を受けることになった三笠宮家の寛仁親王妃信子さまが、16日、慶応大学病院に入院されました。

宮内庁によりますと、信子さまは今月はじめの検査入院の際にMRIや組織の生体検査などを行った結果、右の乳房にステージ1の初期段階である浸潤性の乳がんが見つかったということです。

今月19日に手術を受けることになり、16日、東京・新宿区の慶応大学病院に入院されました。

詳しい検査を受けたのち、手術の方法や今後の治療について医師と相談されるということです。

自民党の麻生太郎副総裁の妹にあたる信子さまは、祖母や母が乳がんを患ったことから、これまでも定期的にマンモグラフィ検査を受けられてきたということです。
(2022年11月16日放送「ストレイトニュース」より)


初期の乳がん診断 寛仁親王妃信子さま慶応大学病院に入院 19日に手術へ

ぺんぺん草の独り言

信子さま乳がん手術のため入院

髪をおろされ、自然なままの信子さまは初めて見た。

信子さま乳がん手術のため慶応病院に入院

笑顔で手を振って下さっている。これは動画のスクショ。不安がおありだろうに、あえて笑顔で手を振って下さる。動画を見たとき、涙が出た。

治療費は天皇家、皇太子一家、それに準ずる家は無料らしい。その他の宮家は健康保険に入っていないので、全額負担である。

慶応病院の特室に入り、手術を受け、様々な医療行為を全額負担で支払うと、相当な額になると思う。

以前、彬子さまが信子さまを激しく攻撃する文章を文芸春秋に出したことがあったが、その後、関係はどうなっているんだろう?

国から支給されるお金は彬子さまが管理して、信子さまに渡さないと当時報じられたが、今はどうなっているのか?

もし治療費が莫大なら、信子さまのご実家の麻生家に出してもらうしかない。秋篠宮家の家づくりでは、予定以上の莫大な金になっても国は出すのに、故寛仁親王の病気の時は、国は補助しなかったようで、随分、やりくりに苦労なさったそうですよ。

彬子さま瑤子さまは、お母さんがガンという大きな病になり、それでも心を開かないのだろうか?

わたしは信子さまが可哀そうでたまらない。世間には天涯孤独の人がいることを思えば、非常に恵まれているが、好きでもない男に言い寄られ、無理やり結婚させられ、多くの病気をなさってきて、今は、娘とも疎遠になってしまっている。実家は、自宅で園遊会を開催出来るほどの大邸宅で、皇族と結婚しなくても、大豪邸に住み、何不自由ない生活だったと思うのに・・。

寬仁親王妃信子で家系図を見たらよくわかるが、見事だなと思う。

久子さまもすごい家系だが、三笠宮家は調べつくし、このひとであれば妃殿下として迎えても問題ない血筋だとわかってから、迎え入れていると改めて思った。

故寛仁親王が紀子さまに「ここはあなたのような人が来るところではない」と言ったのも無理からぬことだと思う。皇室に嫁に来て、みなさん、苦労なさっていると思う。得をしたのは紀子さまくらいですね。

信子さまの早い、ご快癒とご長寿、彬子さま瑤子さまがお見舞いなさることを願っています。

おすすめの記事