三笠宮妃百合子さまが4日、100歳の誕生日を迎えられました。

明治以降の皇室では、昭和天皇の弟で夫の三笠宮さまに次ぐ長寿で、現在の皇室で最高齢です。

息子三人生んで、全員すでに亡くなっていて、母親は100歳まですこぶる健康で、驚きです。

見出し

百合子さま、100歳の誕生日

百合子さま100歳

■普段のご様子「野球は、よくご覧に」

普段のご様子について、孫の彬子さまに聞きました。

三笠宮家・彬子さま「日常を穏やかに、お過ごしになっている印象。野球は、よくご覧になっていらっしゃいます。WBCも結構遅くまで、ご覧になったと伺いました」

栗がお好きだという百合子さま。こんなエピソードが。

彬子さま「モンブランをお届けした時も、結構大きかったので、きっとお残しになるだろうなって思っていましたが、ペロリと召し上がったので、良かったと思って」

超高齢になると、ちょっと目を離しているうちに、巨大なホールケーキ、丸ごと食べてしまうことがある。モンブラン一切れなんて普通だと思う。少しお顔は痩せられたように感じるが、まだまだ長生きなさるだろうね。

 

 

■彬子さま「いつも本当に穏やか」

孫の彬子さまは、百合子さまのお人柄について、こう語られます。

彬子さま「とにかく、すてきなかたでいらっしゃいます。いつも本当に穏やかで、あのような年の重ね方を私もしていけたらいいな。目標になる方でございます。何事も楽しく感じられていることが、長生きの秘訣(ひけつ)なのかなと思ったりもします。妃殿下とお茶などを頂戴しながら、お話しさせていただく時間が、私にとっては宝物のような時間ですので、そういった日々が長く続けばいいなと思っております」

■100歳を迎えたお気持ち

大正、昭和、平成、令和の時代を歩まれてきた百合子さま。100歳を迎えたお気持ちを、こうつづられました。

「現在は、孫や曾孫の成長をとても楽しみとしております。これからも人々の幸せを祈念しつつ、日々を過ごしてまいりたいと存じます」


三笠宮妃百合子さま、100歳の誕生日「孫や曾孫の成長を楽しみに」 孫の彬子さま「モンブランをお届けした時も、ペロリと召し上がった」

ぺんぺん草の独り言

今日本にはかなりの数の100歳の方がいるようだが、百合子さまのようにスーツを準備してもらって、真珠のネックレスまでして、化粧をして髪を整える手伝いをしてもらえている人はまず、いないと思う。

老人ホームで寝たきりの人も多いと思う。

栄養面や生活面全般、最高の介助を受け、健康面でも、徹底的に管理されたら、人って100歳まで生きるんだと思ってこのニュースを見ている。

百合子さま、100歳になってなお、美しい。美智子さまは88歳だが、若かった頃の美しさは微塵も感じさせぬ老人になってしまった。

またお忍びお出かけ上皇上皇后

おすすめの記事