イギリスでは非難轟轟だそうよ。

やはりやりすぎだったかもね。

しかし女王はこれを見て、卒倒したり失語症にならないし、貫禄があって素敵よ。

精巧な偽動画“ディープフェイク”

あまりにも女王にそっくりな顔なんでその技術に驚いたけど、人工知能(AI)の顔認証技術を用いて作った偽動画なんですって。

・チャンネル4はリベラルな政治姿勢で知られ、王室を支持する保守派とは対立関係にある。

・“偽クリスマススピーチ”は1993年から毎年放送されており、2013年は元米NSA職員エドワード・スノーデン氏、15年には溺死したシリア難民少年の父親など、社会的に話題の人物が実際に出演してきた。

・今回の“偽クリスマススピーチ”については、作成の意図を「フェイクニュースに警鐘を鳴らすため」と説明している。

・本物のスピーチのわずかその25分後の放送に“偽エリザベス女王”が登場。

本物のスピーチのわずか25分後にこの偽動画が放送されたから余計に可笑しかったと思うよ。

・まずはBBCの放送よりもオープンに語れるとして、
「ハリー(ヘンリー王子の愛称)とメーガン(妃)が去ったことは悲しいが、その“王室引退”の裏側には、みんなが聞いているよりもっとひどい話があります」とメグジットついてコメント。

イギリスのEU離脱をBritain(イギリス)とExit(離脱)を合わせて「ブレグジット」と呼んでいたのに倣い、マスコミは2人の王室離脱をメーガン妃の名前を取って「メグジット」と呼んでいるそうです~。

さらには、ジェフリー・エプスタインとの関係で王室に多大なダメージを与えたアンドリュー王子が

「まだそばにいてくれるから(ヘンリー夫妻がいなくなっても)大丈夫」と言わせたあげく

「でもいつアメリカに行って帰って来られなくなるかもしれない」と、ちょっと笑えないオチまでつけた。

一般人からは「敬意を欠き過ぎ」「趣味が悪すぎる」と非難の声

英大衆紙「デイリー・メール」:ロイヤリストで英国のEU離脱運動の中心人物だった政治家のナイジェル・ファラージ氏のツイートを紹介。同氏は放送前に「よくもまあこんなことを」と呆れまじりの怒りを表明しているが、放送後は本件に触れなかった。

一般人:「敬意を欠き過ぎ」「趣味が悪すぎる」と非難の声が集まっているる。

「フェイクニュースを広めることがいかに簡単かを伝えている」

当のチャンネル4は放送後にTwitterでメイキング動画を公開。スタッフや女王を“演じた” 英女優のデブラ・スティーブンソンらが、コメディ要素とメッセージ性を含む動画であることを改めて強調した。

この動画も英国の“開かれた王室”の余禄なのだろうか。日本人には本当に想像もできない話ではある。

ぺんぺん草の独り言

わたしは不謹慎な人間だから、大笑いしながら何度もYOUTUBEをみちゃった~。確かにエリザベス女王を茶化すのは昭和天皇をパロディー化するのと同じで、日本だったら演じた俳優さんの命が危ないことになっているわよ。内容も2020年、英王室の悩みの核心をつくものだから・・でもそれだから余計に面白んだけどね・・。

米、英アンドリュー王子の引き渡しを要請・性的人身売買

ヘンリーとメーガンが王族を引退したのは今年の1月。すごく前に感じる。その後まさかここまで新型コロナが拡大するとは思わなかった。毎年暮れになると、あっという間の1年だったと思うけど、案外1年って長いんだわ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毎週水曜日更新!お試し語録Tシャツ 俺流総本家 魂心Tシャツ「師走」
価格:1666円(税込、送料無料) (2020/12/29時点)

楽天で購入

 

 

おすすめの記事