今年6月にイギリスを訪問したドナルド・トランプ大統領が、エリザベス女王の大切な芝を焦がしていたことが明らかに!

芝生を台無しにされたエリザベス女王がトランプに怒っている

トランプ大統領とメラニア・トランプ大統領夫人はノルマンディー上陸記念日の式典前日にバッキンガム宮殿を訪問、宮廷晩餐会に出席した。その際ヘリコプターで移動、それを宮殿の前の芝生に着陸させたため、エンジンの熱で芝生が焼けてしまった。同紙によるとエリザベス女王はモリソン首相に「私の芝生を見てごらんなさい。台無しなのよ」と語ったという。芝がどの程度焼けていたのか同紙は確認していないけれど、トランプ大統領がヘリコプターで移動していたのは事実。
女王は軽い調子で言っていたそうだけれど、わざわざ他国の首相に言うなんて意味深! 今後バッキンガム宮殿を訪れる各国首脳陣が交通手段に気をつけるようになるのは間違いなさそう。
text: Yoko Nagasaka

トランプのヘリコプター着陸証拠写真

エリザベス女王の芝生に着陸したトランプ大統領
出典:https://news.livedoor.com/article/detail/16987373/

にこやかに写真におさまるエリザベス女王とトランプ大統領夫妻

にこやかなエリザベス女王とトランプ大統領夫妻

ぺんぺん草の独り言

3人、和やかな笑顔の写真を撮った時は、女王はまだ、芝生を焦がされていたことをご存じなかったのか、知っていたけど、大人の対応でその時は和やかな笑顔だったのかは不明。

しかし後になって怒りがわいているのは事実のようね。
トランプ大統領はお金持ちなんだから、ポケットマネーで芝生張り替え資金をお謝罪として出しましょうよ~。ウフフ、こんな話題大好き~。

おすすめの記事