イギリス王室内ではクラスターのように新型コロナが広がっていて、エリザベス女王まで感染しました。

一時、女王の逝去のフェイクニュースまで流れ、心配しましたが、回復されました。

エリザベス女王がコロナ感染から回復

エリザベス女王新型コロナ感染から回復

先月末に新型コロナウイルスに感染したことを公表した英王室のエリザベス女王が回復し、公務に復帰したことがわかった。

王室は当初、エリザベス女王は「軽い風邪のような症状」で療養中も負担にならない程度で公務を続けていくと発表していたが、いくつかのリモート会議をキャンセルするなど、感染を公表して以降、公に姿を見せていなかったことから体調が心配されていた。

英Daily Mailによると、エリザベス女王は先週の日曜日にウィンザー城の敷地内にあるフロッグモア・ハウスで孫のウィリアム王子と妻のキャサリン妃、そしてジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子の3人のひ孫たちと面会。

ウイリアム王子一家

ウィリアム王子の従姉妹で、女王にとっては同様に孫にあたるベアトリス王女と彼女の生後5ヵ月の娘シエナも一緒だったという。

フロッグモア・ハウスはエリザベス女王のお気に入りの場所で、以前はよく近くの公園で愛犬の散歩をしている姿を目撃されていた。

近所にあるフロッグモア・コテージには、現在、ベアトリス王女の妹ユージェニー王女と夫のジャック・ブルックスバンク氏、昨年2月に誕生した息子のオーガストが暮らしているが、夫妻はアメリカに渡航中で、週末にエリザベス女王が訪れた際は不在だった。

エリザベス女王を代表するバッキンガム宮殿は女王の感染からの回復についてコメントを出していないが、体調はすこぶる良いそうで、今週の火曜日(現地時間3月1日)にウィンザー城から2つのリモート会議に参加。関係者が米Peopleに明かした話では、今後もほかの職務を継続するそうで、スケジュールには私的な予定も組み込まれているとのこと。(フロントロウ編集部)

ぺんぺん草の独り言

女王が回復されてよかった。ヘンリーメーガン、アンドリュー王子以外は王族らしい気品がありよいことだと思う。

ウイリアム王子の妻キャサリン妃は平民出身だが、紀子さまとはかなり違っているように見える。キャサリン妃も今後の活動を見なければわからないが、将来の国王になる息子にはイギリス王室の王道の教育をすると思う。メーガンは王室特権を使って下衆な欲望を満たそうとしている女に見えるので、こんな女は特権階級社会に入れてはいけないという典型例。小室圭はもちろん、紀子さまも、皇室に入ってはいけないタイプだったことが徐々にわかってきたがもう手遅れ。悠仁さまがどのように育ってきて、今後どうなるか非常に不安。

おすすめの記事