英女王、ぎっくり腰

エリザベス女王ぎっくり腰

【ロンドン時事】エリザベス英女王(95)は14日、ぎっくり腰のため、ロンドン中心部で行われた戦没者追悼式を欠席した。

医師の健康上の助言に従って約2週間静養していたが、同日公務に復帰予定だった。

王室は声明で「女王は残念に思っている」と述べた。女王は追悼式出席に「強い意思」を示していたとされる。

女王は10月20日、健康上の理由で英領北アイルランド訪問を取りやめ、一晩検査入院。11月1日に北部グラスゴーで開かれた国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の歓迎会も出席を見送り、ビデオメッセージを寄せていた。

ただ、静養中にロンドン近郊ウィンザー城内で車を運転する姿を撮影した写真が報じられていた。

報道によると、女王のぎっくり腰の症状は、静養の原因とは無関係だという。

ぺんぺん草の独り言

最近体調がよくない報道が続いていたので、心配してた。

小室が日本に帰ってきて、ついに入籍してしまって、わたし自身の気持ちがダウンしたため、女王のことを書くまでの気力がなかったのよね・・。

静養中に車を運転している写真が出ていたのでお元気になられたと思ってたけど、今回はぎっくり腰で痛いだろうな~と思う。

女王は不死身と思ってたけど、やっぱりそうじゃない。

一日でも長生きしていただけるように、100歳は超えることが出来るように、しっかり静養してから公務に復帰して、お元気なお姿を見せてほしい。

 

おすすめの記事