上皇陛下が退位されて昨日4月30日で1年。天皇が即位されて今日、5月1日で1年ね。早かったわ、あっという間の1年だったわ。ということはそれほど大きな事件がなく穏やかに時間が過ぎたってことなのかしらん?今はひと月が長く、苦しいわ。

上皇陛下が退位されて1年。

上皇さまが退位されて、30日で1年がたつ。

およそ200年ぶりの退位による皇位継承を経て、上皇ご夫妻は公務から退き、仮住まいで静かに過ごされている。

2019年4月30日、およそ200年ぶりの退位による皇位継承にともない、憲政史上初めて行われた「退位礼正殿の儀」が行われた。

上皇上皇后の天皇時代

上皇と上皇后

上皇さまは、天皇として最後のおことばを述べ、30年余りの象徴の務めに終止符を打たれた。

退位後は公務から退き、上皇后・美智子さまとともに、コンサートや展覧会などに足を運んだり、

天皇退位後の上皇上皇后

夏には、お2人が1957年に出会った思い出の地・長野県の軽井沢などで静養された。

11月には、ラグビーワールドカップの3位決定戦をご観戦。

ワールドカップラグビーを観戦上皇上皇后

一方、上皇さまは、強い脳貧血や一時意識を失うなどの症状が見られたほか、美智子さまは6月に白内障の手術、9月には初期の乳がんの摘出手術を受けられ、体重の減少が続いた。

上皇后乳がんの手術

2020年の新年一般参賀では、お代替わり後、初めて天皇陛下とともに公の場に出て、陛下のあいさつを笑顔で見守られた。

上皇上皇后としての新年

こうした中、天皇ご一家とのお住まいの交換に向け、早朝から深夜まで荷物の整理に取り組み、

3月末、長年住み慣れた皇居から仮住まい先の港区・高輪の仙洞仮御所に移られた。

宮内庁によると、ご夫妻は、新型コロナウイルスの感染拡大に心を痛め、職員の健康を気遣いながら、外出を控え、静かに過ごされているという。

ぺんぺん草の独り言

わずか1年前の「退位礼正殿の儀」の時は美智子上皇后もきれいだし、麗しい夫婦愛を感じたけど、退位されてから人相が悪くなったわね。サングラスだからだけではないような気がする・・・。

引っ越しを済まされてからなら批判は出なかったかもしれないけど、皇居に居座ったまま、遊びに出歩きすぎたわね。

国民に、ずっと愛されていると思っていた上皇后さま、甘かったわね。

COVID-19拡大でホテルや旅館が破産しているけど、こんなの序の口。今は地獄の入り口で、1~2年後、どん底の不景気は着て、日本経済はとんでもないことになるかもしれない。

世界恐慌が起こり、中国が世界中の企業を買収し、世界が中国の傘下に落ちぶれるときが違づいているのかもと思うと、ぞっとするのよね。

しかし、今自粛しないと感染が拡大して、みんな死ぬかもしれないから、自粛するしかないのよ。

緊急事態宣言が5月下旬に解除されたら、皇居の改装が再開されて、そのあと、東宮御所(現在の赤坂御所)をリフォームし、莫大なお金を使って引っ越しされるのよね。

秋吉台国定公園内で唯一のホテル「秋芳ロイヤルホテル秋芳館」が破産したけど、負債総額は約2億3000万円。高輪のリフォームだけど5億円以上?引っ越し代金だけで数億円、赤坂御所をリフォームして引っ越しにも何億掛かることやら。

やっぱり皇室、皇族はやっぱり浮世離れしているわ。

緊急事態宣言が5月下旬に解除されたとしても、ウイルスが消えてなくなるわけではないので、必ず第2波が来て、感染し亡くなる人が出るわ。

安全なワクチンが出来るまで、まともに経済活動なんて出来ないのよ。それでも2か所もリフォームさせる無駄遣いは強行されるのよね。

国民と共に~なんて~、うそばっかり~(笑)

おすすめの記事