[ロンドン 16日 ロイター] - ヘンリー英王子は16日、妻のメーガン妃と共に王室の主要メンバーから退く意向を表明後、初めてとなる公務に臨んだ。

一方、メーガンは14日、カナダ西部バンクーバーの女性支援施設を訪れたと報じた。8日の「引退声明」発表後、公の場に姿を見せたのは初めて。

ヘンリー王子「引退表明」後初の公務

ヘンリー英王子「引退表明」後初の公務
出典:https://www.cinematoday.jp/news/N0113558

ヘンリー王子は、ラグビーリーグの来年のワールドカップの組み合わせ抽選会に出席。

これに先立ち、宮殿の庭で子どもたちと談笑などしたが、記者の質問には答えなかった。

ヘンリー王子ワールドカップの抽選会に出席

メーガン「引退表明」後初のお出まし

現地時間の1月14日、夫妻が一時的に滞在しているバンクーバー島の自宅付近にある女性のためのチャリティ団体を訪れたメーガン妃。この団体「ジャスティス・フォー・ガールズ(Justice For Girls)」は、コミュニティに焦点を当て、若い女性たちの権利と平等を推進するために21年間にわたり活動を続けている。

女性支援施設を訪れたメーガン

メーガン妃が「信頼でき、説得力がある」活動を続けている同団体を見つけ、ぜひ彼らの活動についての知識を深めたいとのことで、夫妻の側近が団体に連絡を取ったという。

この日、メーガン妃はダウンタウン・イーストサイド・ウィメンズセンターも訪れた。同施設では、バンクーバーで最も貧しい地域のひとつに住む女性や子供たちに、食事からインターネットへのアクセスまで、あらゆるものを提供する安全な空間となっている。

「ジャスティス・フォー・ガールズ」で働く女性たちは、ヘンリー王子とメーガン妃がこの地域で充実した時間を過ごすことを、とても楽しみにしているという。ゾーイさんは「(妃は)自身が関心を抱いている問題、特に女性と少女の権利に対してその献身と知性をもたらし、そうした姿勢が妃の立場を後押しする助けとなるでしょう」と語っている。

カナダ移住後も精力的に活動を続けるメーガン妃。その動向から、ますます目が離せない。

ぺんぺん草の独り言

ヘンリー王子のこの公務は引退表明より前に決まっていた公務なんだそうよ。

こどもの目を見て話すヘンリー王子
出典:https://www.afpbb.com/articles/-/3263843?pid=22023174

子供たちの目を見て話す姿は王族の公務そのもので、やっぱりヘンリー王子は生まれながらの王族でであって、もしメーガンが紀子さまのように、伝統、公務の大切にし、共に国家、国民のために働いてくれる女性であったら、王族引退なんてことにはならなかったでしょうに・・・嫁って大切。ヘンリー王子が気の毒だわ。

動画はこちら

堂々としていて、かっこいいわ。

一方メーガンは以前から女性の自立とか、権利が好きな人で、カナダでは女性支援施設に自分のほうから行きますと連絡したらしいわね。

カナダでのファッションはアメリカのテレビ女優だった頃のようなカジュアルなもので

メーガンINカナダ

カナダでカジュアルファッションを楽しむメーガン
出典:https://movie.walkerplus.com/news/article/219776/image1366213/

自由を謳歌されているみたいに見える~

メーガンが王室の堅苦しい公務やしきたりに耐えられなかった・・・から、王族引退なんて辞退になったような気がするわね~。というか、みんなそう思っているでしょ。

しかし、王や女王になれない、支えるだけの王族の末路はわびしく、エリザベス女王の長女のアン王女は結婚離婚を繰り返しアル中みたいになってみたい・・。

なんで、王を支える重要なポストだと子供の頃から教え込まなかったのかしらね?

絢子さんは結婚式で、子供の頃から天皇をお支えする立場なんだと教えられてきたとおっしゃったわよね。彬子さまなんてホントご立派だと思うわ。ヘンリー王子はメーガンにそれを教えられず引きずられてしまって、残念ですわ・・。

おすすめの記事