ロッド・スチュワートは、私が高校大学の頃全盛で、当時はCDではなくLPレコードの時代だったのよね~。『アトランティック・クロッシング』や、『スーパースターはブロンドがお好き』のLPレコード、今も持っているわよ。

スーパースターはブロンドがお好き
出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w215149555

ヤフオクで500円ですって!安い!値打ちナシなのね~。

金髪美女と次々結婚離婚を繰り返し、その都度、20億円以上の手切れ金を渡してたんだから、その華やかさは別次元だったのよね。

しかし全盛は1970年代で、80年代90年代も世界ツアーはすぐチケット売り切れはするけど、70年代のようなワクワク感が、わたしにはなくなってたわ。

そのロッド・スチュワートも74歳になってたのね~。長男もすでに39歳。いいおっさんね。ロッド・スチュワートは大量に子供がいるけど、莫大な財産があるので、努力して我慢して、頑張る必要はないので、多分、いい加減なアホばっかりのような気がする~。

そのアホの長男と高級リゾートホテルの立ち入り禁止エリアへの立ち入りを拒否されて、腹を立てて暴行に至ったというのだから、ホント、アホ親子ね。

ロッド・スチュワート親子暴行で逮捕の経緯

ニューヨーク・ポスト紙などの報道によると、ロッド・スチュワート一家は幼い子供たちも伴い、正月休暇でリゾートホテルに滞在中だったが、警備員に子供用のエリアへの立ち入りを拒否されたことに腹を立て、暴行に至ったようだ。

暴行を告発した警備員やホテル従業員らが警察に語ったところによると、事件当時、同エリアでプライベートなイベントが催されていたため、無断で立ち入ろうとした一家を止めたところ、一家が大声で文句を言い、騒ぎ出したという。

一家で騒ぎ出すって、まともな人が、一人もいないということね。全員、アホなのね。

興奮した息子のショーンが警備員につかみかかりそうな勢いになったため、警備員が手で制すると、ショーンが警備員の体を乱暴に押した上、スチュワートが警備員の左胸郭を殴ったようだ。

警察関係者らの話によると、防犯ビデオにもスチュワート父子が攻撃的になっている様子が映っており、2人が加害者であることは明白だという。スチュワート父子は2月5日に開かれる審理のため、出廷を命じられている。(ニューヨーク=鹿目直子)

ペンペン草の独り言

2000年に甲状腺がんになって、もう、歌えなくなるかも・・と言われてたけど復活し、その復活コンサートのDVD,購入してみたわよ。なかなか感動だったけど。だけど1回見て、年末にブックオフに売っちゃった~。1000円だったかな・・?

その後最近、前立せんがんの治療を受けてよくなっていると発表したところだったわよ。元気になって、調子づいちゃったのかも。

立ち入り禁止エリアに入れないだけで興奮する異常な一家。息子が警備員につかみかかるって時点で、普通は止めるけど、一緒に殴ってんだから、どうしようもないご一家だわ。100%裁判で負けるわね。

R・スチュワートは、74歳なのに、まだ10歳にもなっていない子がいるのよ。お金はあるけど、これが親では、まともには育たないでしょうね。

仮に、警備員に15億円慰謝料支払い命令を出したとしても、微々たるものなのよ。ロッド・スチュワートにとっても15億円なんて。カルロス・ゴーンと同じ。

カルロス・ゴーンは保釈金を15億円ではなく1兆円にしておけば、没収されるのはもったいない、と思ったかもしれないわね。

ロッド・スチュワートにも、警備員への慰謝料、1兆円にしたら、これからはもう殴りません、と反省するかもよ。しかし反省するには遅すぎる。74歳なんだもん~。

おすすめの記事