横浜のアパートからアミメニシキヘビが逃走して大騒ぎになり、屋根裏で発見、捕獲された事件から4ヶ月が過ぎたわ。

捜査が打ち切りになったと知った時の近隣の住民の絶望感は半端じゃなかったと思うわ。

マンションの屋根裏で捕獲された時の安堵感~すごかったと思う。

その後、飼い主だった男性の刑事処分やヘビの行方はどうなったんでしょうか?

元飼い主は略式起訴

男性は6月に動物愛護法違反で在宅のまま送致され、9月7日に横浜区検によって略式起訴されている。市の許可を受けずに飼育ケージを変更したという容疑だ。ヘビが大きくなったため、鍵が付いたスライド式のガラス製のものから、簡易式の鍵が付いた木製のものに変えたという。

昨年6月の動物愛護法改正により、人の生命や身体、財産に害を加えるおそれがあるアミメニシキヘビのような「特定動物」は愛玩目的で飼育できなくなった。しかし、それ以前から許可を得て飼育していれば、期限ごとに再申請して許可を受けることで、引き続き飼育できる。

男性もこのパターンだったが、ケージのような飼養施設を変更する際には、改めて市にその旨の申請をし、許可を受けなければならない。無断で変更したら、最高で懲役6ヶ月、罰金だと100万円以下に処される決まりだ。

ヘビはどうなったか

捕獲されたヘビだが、いったん動物園に保護されたあと、飼育許可を有する茨城のペットショップに引き取られたという。
出典:アミメニシキヘビの逃走事件から4ヶ月 元飼い主の刑事処分はどうなったか

感想

略式起訴だから懲役はなく、罰金刑。検察の求刑額は明らかにされていないが、過去の類似事件からすると、数十万円程度らしいよ。

略式起訴で罰金刑になって懲役はなくても前科はつくよ。。小室の母親は犯罪者なのに捜査されないから前科なし。ニシキヘビに巻かれて締め上げられても可哀そうだと思わないね。

こんな気持ちの悪い財布を持って喜ぶ人とは友達になりたくない。

おすすめの記事