タスマニアタイガー(肉食有袋類フクロオオカミ)は80年以上前に絶滅したとされています。羊や家畜を襲うので懸賞金をかけて駆除してしまったのです。

しかし最近になって、タスマニアンタイガー(肉食有袋類フクロオオカミ)を目撃したという報告が相次いでいます。人間の勝手で絶滅に追い込まれた生物は数知れずです。是非少数でも生存していてほしい・・と思う~。

絶滅したはずの、タスマニアタイガーの目撃情報

タスマニアタイガー(フクロオオカミ))
出典:https://news.livedoor.com/article/detail/13760372/

タスマニアタイガー(フクロウ狼)標本
はく製↑
出典:https://www.cnn.co.jp/fringe/35144247.html

(CNN) オーストラリア南東部のタスマニア州で、80年以上前に絶滅したはずの肉食有袋類フクロオオカミ(タスマニアンタイガー)を目撃したという報告が相次いでいる。

タスマニア州第一次産業・公園・水環境局がこのほど公表した情報によれば、過去3年の間に8件のフクロオオカミ目撃情報が寄せられた。

フクロオオカミはオオカミとキツネと大型ネコ類の中間のような有袋類で、飼育されていた最後の1匹が1936年に死んだことで絶滅したと思われていた。

タスマニア州で野生のフクロオオカミが生き続けているという噂は絶えない。しかしそれを裏付ける根拠は示されていない。

州がこのほど公表した情報によると、今年2月、オーストラリア国内からタスマニア州を訪れた2人が車を運転している最中に、固い尾をもち、背中にしま模様のある動物が道路を歩く姿を目撃した。

この動物は振り向いて2人の乗った車を見つめ、12~15秒ほどはっきりと姿が見えたという。2人は「自分たちが見た動物がフクロオオカミだったことは100%間違いない」と話している。

同じ月には別の目撃者も、しま模様のある「猫のような生き物」が遠くの霧の中を歩く姿を見かけたと報告した。「田舎の農場で見かけるほとんどの動物についてはよく知っている。しかしタスマニアでこの日見かけたような動物は見たことがない」と伝えている。

2017年には同州北西部の森林保護区で目撃情報が寄せられ、直近では今年7月に南部の州都ホバート近くに住む男性が、フクロオオカミのものと思われる足跡を見つけたと報告した。

フクロオオカミは、羊を襲う害獣として、かつての欧州からの入植者によって大量に殺された。

ぺんぺん草の独り言

タスマニアタイガー(フクロオオカミ)はオーストラリアにしかいない有袋類で、貴重なのに、本当に絶滅したのであればすごく残念。もし目撃情報が正しくて、少数でも生きていてくれたらと思う。

羊が襲われるという理由で殺した入植者の気持ちはわからないでもないけど、当時、先住民族のアボリジニも大量虐殺されているわね。

当時のオーストラリア、タスマニアなどは、イギリスの犯罪人の流刑地だったからね。ヨーロッパから伝染病を持ち込み先住民の多く死んだ上に、犯罪人が娯楽で同じ人間、アボリジニを殺しているのよね。

1788年からのイギリスによる植民地化によって、初期イギリス移民の多くを占めた流刑囚はスポーツハンティングとして多くのアボリジニを虐殺した。「今日はアボリジニ狩りにいって17匹をやった」と記された日記がサウスウエールズ州の図書館に実際に残されている。

1803年にはタスマニアへの植民が始まる。入植当時3,000〜7,000人の人口であったが、1830年までには約300人にまで減少した。虐殺の手段は、同じくスポーツハンティングや毒殺、組織的なアボリジニー襲撃隊も編成されたという。数千の集団を離島に置き去りにして餓死させたり水場に毒を流したりするといったことなども行われた。

また、1828年には開拓地に入り込むアボリジニを、イギリス人兵士が自由に捕獲・殺害する権利を与える法律が施行された。捕らえられたアボリジニたちは、ブルニー島のキャンプに収容され、食糧事情が悪かったことや病気が流行したことから、多くの死者が出た。

これによりアボリジニ人口は90%以上減少し、ヴィクトリアとニューサウスウェールズのアボリジナルの人口は、10分の1以下になった。さらに1876年には、タスマニア・アボリジナル最後の生存者である女性のトルガニニが死亡して、多い時期で約3万7千人ほどいた純血のタスマニアン・アボリジニが絶滅した。

イギリス人が絶滅させたのはタスマニアタイガーだけじゃない。チャールズ皇太子はカモの狩猟がご趣味だけど、犯罪人たちは流刑地タスマニアで、アボリジニの部族を狩猟して多くを絶滅させたってことよね。

高校生の頃、英会話教室に通ってたことがあるのよ。オーストラリア人女性が講師だった。アボリジニの話をしたら、どういう反応をするだろうかと、わざと話を持っていったら、鼻にぎゅ~っと皺を作り、憎々しげな表情になったのが、すごく印象的だったわ。

日本や日本軍などを残虐だとか、悪いことばかりいわれるけど、ヨーロッパ人、アメリカ人が歴史上、どれほど残虐なことをしてきたか、と思うわよ。多くの動物だけでなく、人種の部族まで絶滅させてきたんだから。それも趣味の狩猟で、同じ人間を。

絶滅したタスマニアタイガーの話題で、いろんなこと、思い出しちゃった~。

おすすめの記事