先月11月25日、寒川神社で茶道裏千家による「献茶式」が行われ、三笠宮彬子さまがご出席されました・・。

裏千家には彬子さまのお父様、寛仁親王の妹、彬子さまの叔母にあたる千容子さんが裏千家15代家元・鵬雲斎千宗室(現・千玄室大宗匠)の長男・坐忘斎千宗之(現在の16代家元・千宗室)に嫁がれている関係で、裏千家とは親戚。

裏千家による献茶式

寒川神社で11月25日に献茶式が行われた。

静まり返った御本殿で茶道裏千家(京都市)の前家元、千玄室大宗匠が濃茶と薄茶をたて、

彬子さま茶道裏千家「献茶式」 ご出席前家元、千玄室大宗匠

神職によって神前に供えられた。御本殿の奥庭である「神嶽山(かんたけやま)神苑」の開苑10周年を記念して行われたもので、三笠宮家の彬子さまが出席された。

彬子さま茶道裏千家「献茶式」 ご出席

神苑は平成21年に開苑。池泉回遊式の日本庭園や茶屋などもある。
出典:https://www.townnews.co.jp/0604/2019/11/29/508230.html

ぺんぺん草の独り言

彬子さまご出席は私的なご出席だろうけど、親戚が裏千家ってのは、すごいことだわね。もし仮に、眞子さまが小室Kと結婚するような事態になったとして、悠仁さまのお子様が伯母にあたる眞子さまの嫁ぎ先の行事に出て行くとしたら・・・と想像しただけでおぞましいことだわ。

皇室と縁を結ぶのはそれ相応の家柄や、人柄でなければだめだわよね。

現在は千容子さんのご主人が家元。子供は3人。

長男は詩人とかになっていて、これで次の家元大丈夫?とネットで話題になった人。

長女は万紀子さん。この方と学校が一緒だった人の親から万紀子さんのハナシを聞いたことある・・・。有名人は陰でサケのサカナにされてお気の毒だと思ったけど、面白いハナシが満載だった・・・。ここには書けないわよ。

現在は京都府立医大卒の整形外科医と結婚し、お幸せ。

裏千家万紀子さん医師と結婚
出典:裏千家

結婚相手は裏千家から嫁をもらい、皇室とも縁続きとなるというのはすごい、名誉なことね。

そして、次の家元は次男、敬史氏。

茶道三千家の一つ、裏千家(京都市上京区)は3日、千宗室家元の次男敬史(たかふみ)さん(29)が次期家元となる若宗匠の格式を来年10月に継承すると明らかにした。

敬史さんは1990年京都市生まれ。2013年に立命館大法学部を卒業後、一般財団法人今日庵理事や一般社団法人茶道裏千家淡交会副理事長に就任。家元の名代として、寺社の献茶式などを務めている。

来年10月8日に宗家利休御祖堂で宣誓式を行う。翌9日、菩提寺の大徳寺聚光院(京都市北区)で格式奉告献茶式を催す。

なかなかのハンサムなのよ。

裏千家次男が次期家元
出典:https://www.oricon.co.jp/article/1012461/

お母様の千洋子さまと似ているように思うけど、絶妙なバランスでハンサム顔になっているわ。

千容子さん
出典:不明

結局ヒトは生まれた血筋なのよね。

生まれ育ちや、遺伝で、人生の多くが決まり、どんなに勉強が出来なくたって、優秀な人と結婚したり、親から受け継ぐ伝統を守っていけば、豊かに暮らせる。

ただ、ご長男の行く末は心配だろうけど、なにせ、生まれが裏千家なんだから、何とでもなるでしょ。

彬子さまも、私たちが知らないだけで、すごい家からの縁談が降るようにあったと思うわよ。しかし生涯結婚しないで三笠宮家を守る決意をされたのだから、頑張って頂戴。

もし女性宮家が決まったとしたら、男系男子を養子に迎えて(男系男子であることは必須)三笠宮家を存続できたら、彬子さまもホッとされるでしょうね。そう思うと、女性宮家も100%、悪いことばかりではないわ。

皇室は皇室にふさわしいお家柄と縁を結ぶ。それは、昭和の時代には出来たのに、美智子皇后の平成になると急に庶民的になり、小室Kなんかが出てきて、面食らうわ。皇室の権威、有難味も随分、様変わりしたわね。

おすすめの記事