ジョコビッチとティーム2020年全豪オープンテニス

全豪準Vティエム、ビッグ3との差は「小さな部分」 GS初制覇へ手応え

【2月3日 AFP】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2020)の男子シングルスで、ノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)に敗れて準優勝となったドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)が、いわゆるビッグ3との差は「ほんの小さな部分」と話し、壁を破る日は近いと自信を口にした。
出典:https://www.afpbb.com/articles/-/3266369

大会第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)ら4人のシード選手を倒し、自身過去最高の全豪オープンを戦ってきたティエムは、自信を持って決勝に臨むと、セットカウント2-1と四大大会(グランドスラム)初優勝に迫っているかに見えたが、そこから経験で勝るジョコビッチの粘り強い逆襲に遭い、ナダルに敗れた過去2回の全仏オープンテニス(French Open)に続いてまたしてもビッグタイトルには手が届かなかった。

それでも26歳のティエムは、自身やダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev、ロシア)、アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)らが、ジョコビッチ、ナダル、ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)という男子テニスを支配する3強に挑戦できていることに手応えを感じている。

ティエムは昨年の全米オープン(US Open Tennis Championships 2019)でメドベージェフがナダルと5セットの激闘を繰り広げたことも指しながら、「ほんの小さな部分の差だと思う。全米も今回も、ここ2大会の決勝は本当に接戦だった。全米はダニール、そしてここでは僕が勝ってもおかしくなかった」と話した。

必要なのは、ほんの少しの幸運と、いろいろな部分のディテールだ」「第4セットのあのブレークポイントを取れていれば、僕はここに勝者として座っていたかもしれない」

「とにかくこれからも頑張るだけだ。僕も、他の若手も、グランドスラムを取れるポテンシャルは間違いなくある」

今回、全豪オープンで初の決勝進出を果たしたティエムは、過去には球足の遅いクレーコートが得意な選手という見方をされていたが、この1年間でハードコートでも大きな成長を遂げたことで、現在はツアー屈指の強豪との評価を得ている。

昨シーズンのBNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2019)でフェデラーを破って優勝したことがハードコートでのターニングポイントになったティエムは、この全豪からもたくさんの教訓が得られたと話している。

「簡単な試合はなく、特に準々決勝以降は厳しかった。(ベスト8では)4時間以上かかってラファ(ナダル)を倒し、2日後にはサーシャ(ズベレフ)とまた激闘になった」「信じられないほど激しい接戦だった。それからまた2日後に今度はノバク戦だ。彼はここで一番勝っている選手で、やっぱりとてもハイレベルな試合になった」

「今の自分には、かなり高いレベルのプレーを続けてグランドスラムを戦い抜けるという確かな自覚がある。このあと待っている次の大きな大会に向けて、とても大きな自信になった」 (c)AFP

ぺんぺん草の独り言

大きなテニスの試合、特にグランドスラムのあとは、いつもロス状態になってしまう・・・。ATPの試合は12月以外ずっとあるけどグランドスラムはテニスのオリンピックのような感じで、年4回決勝戦はほとんど死闘だからね。

女子は3セットマッチだからあっという間に終わってしまって、流れを引き戻す時間がないけど、男子は5セットマッチだから、大逆転があるのよね。

去年のウインブルドンのフェデラーとジョコビッチの決勝戦もすごかった・・。ウインブルドンは時差があるので、終わったら日本時間の朝の4時頃になってた。

全豪は時差が2時間なので見やすかった。決勝戦は日本時間の17時半くらいから始まって約4時間。

ジョコビッチ、フェデラー、ナダルは相撲で例えるなら横綱。その横綱を誰が倒すかが面白いのよね~。ティームは強くなると思ってたけど、横綱3人を倒して優勝してこそ値打ちがあると思う。必ず、リベンジしてほしい。

錦織圭君は2月17日からのATP250のデルレイビーチオープンに出場予定。ATP250は錦織君にしては下のランクだけど、試合感覚を取り戻すのにちょうどいいんでしょ。

フロリダとすごく時差があるので、明け方4時試合開始とかで、スカパーで放送するだろうけど、多分、見ないと思う。寝てる・・・わ。

5/24(日)~6/7(日)は全仏オープン、6/29(月)~7/12(日)はウインブルドン、その後すぐ東京オリンピックがあるけど、大丈夫?
日程参考:https://www.sportzorg24.tv/と「ぐぐスポ!」

以前はティームを圧倒して勝ったけど、今年やったらどうなるかしらん・・・。

横綱3人全盛時代にちょうど出会ってしまった選手たちはホントに運がない。人間は99%の努力と1%の運で決まるんだろうけど、その1%の運がないために99%の努力が実らないことになるので、必要なのは、ほんの少しの幸運というのは、本当のことだと思う。。。。

おすすめの記事