スペインの前国王フアン・カルロス1世は莫大な金額の汚職でアラブ首長国連邦に亡命したことは以前書きました。

父親前国王フアン・カルロス1世が住むアラブ首長国連邦に現国王の姉二人が訪問し、現地でCOVID-19のワクチンを受けたことが大問題になっているんですって。

国民はワクチン接種の順番を待っているのに、アラブ首長国連邦で特権を利用して接種を受けるなんて許せない!ということみたいよ。

スペイン王室・ワクチン接種特権利用は許せない

【パリ時事】前国王フアン・カルロス1世の不正疑惑で大きく傷ついたスペイン王室の信頼が、さらに揺らいでいる。

今月上旬、国内では新型コロナウイルスワクチンの接種対象になっていない50代の王女2人が、中東で接種を受けていたことが報じられ、国民の反発を招いた。現国王フェリペ6世が即位以来取り組む王室のイメージ回復は、困難な状況だ。

地元メディアは、現国王の2人の姉、エレナ王女とクリスティーナ王女が2月、フアン・カルロス1世が暮らすアラブ首長国連邦でワクチン接種を受けたと報じた。

その後、両王女は声明で「定期的に父を訪問できるよう提案され、同意した。そうでなければスペインで順番を待っただろう」と釈明した。

君主制に否定的な連立与党の急進左派ポデモスは、ツイッターで「特権だ」と批判。王室は「両王女の行動について、国王に責任はない」と火消しに奔走しているが、パイス紙(電子版)は9日、「王室の財政透明化などで信頼回復に努めてきた国王の努力を水の泡にした」と非難した。

ぺんぺん草の独り言

現在のスペインの国王はこの方↓

スペインフェリペ6世国王夫妻

真ん中は天皇陛下。

この現国王のお父さんで前国王がこの人

前スペイン国王亡命

今回ワクチン接種対象ではないのに、アラブ首長国連邦で接種を受けて、国民の反発を受けてるのがこの方たち

スペインのエレナ王女(左)とクリスティーナ王女(中央)、前国王フアン・カルロス1世(右)

ねーさんたち、なんとも気品がない不細工な方ね。

日本では多くの人がワクチンは危険だから接種を受けないと言っているけど、ヨーロッパではみんな、順番をまっているのね。

日本でも知り合いの医療従事者はワクチンの順番が回ってくるのを待っているけどね・・。

ただ、アストラゼネカの構造が危ないとか言ってたような気がしてたんだけど、ホントにアストラゼネカに副作用死亡例が多いわ・・・。

順番回ってきたとき、ファイザーにしてほしいと言えないもんね、しかしその順番を逃したらもう永久にワクチンの順番がまわってこないかもしれないしね。ファイザーなのか、アストラゼネカなのか知らないけど、このふたりの王女はワクチンの接種を特別に受けさせてもらえて、前国王不正で腹を立てているのに、更に特権利用をしたのだから、スペイン王室の起死回生は絶望よ~。

どこもかしこも王族は●●ばっかり・・。

おすすめの記事