米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は15日、今年の全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2020)について、地元州政府から正式な許可を受けることを前提に、予定通り開催されると報じた。

錦織圭くんは、出場する意向。16日、マネジメント会社への取材で分かった。

全米OPテニスは予定通り開催の見通し

【6月16日 AFP】米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は15日、今年の全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2020)について、地元州政府から正式な許可を受けることを前提に、予定通り開催されると報じた。

米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は匿名を条件にテニス関係者4人の話を引用し、四大大会(グランドスラム)の一つである今年の全米オープンが例年通りに8月下旬から9月にかけて開催されると伝えた。

同大会をめぐっては、開催地ニューヨークが新型コロナウイルスとの闘いに直面する一方で、世界のトップ選手数人が出場することに難色を示していることから、この数週間は開催が不透明な状況となっている。

報道によると、8月31日から9月13日に開催される今年の全米オープンは、男子プロテニス協会(ATP)と女子テニス協会(WTA)の支持を得て、会場のフラッシング・メドウズ(Flushing Meadows)に観客を入れずに開催される見通しであるという。

正式発表については、今週中に全米テニス協会(USTA)が行うと伝えられた。さらに米経済誌「フォーブス(Forbes)」も、全米オープンが予定通りに開催されることが、「間もなく」決定すると報じた。

その一方で、提示された大会の衛生管理規定について世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)が最も痛烈な批判を口にするなど、海外のトップ選手から出場を保留する声が上がった。

今年の全米オープンは衛生上の安全対策として、出場選手に対してマンハッタン(Manhattan)の外のホテルに滞在することや、サポートスタッフの人数を1人に制限することを求めている。

また、シングルスの予選が中止されることや、ダブルスのペアも64組からわずか24組に減らされることなども提案されている。(c)AFP

錦織圭くん、全米オープン出場予定

テニスの四大大会で8月末開幕予定の全米オープンに、右肘手術からの復活を目指す男子の錦織圭と、女子で2018年大会優勝の大坂なおみ(ともに日清食品)が出場する意向であることが16日、マネジメント会社への取材で分かった。

米メディアによると、全米オープンは当初予定の8月31日から9月13日までの日程で開催される方針が固まった。新型コロナウイルス感染防止のため厳しい規制を設け、無観客となる見通し。

ぺんぺん草の独り言

全米OPは放送権で稼ぐために、やるんでしょう。ヨーロッパから参加する選手はアメリカに入国して一定期間留め置かれるし、帯同者は1人で、ホテルも勝手に決められない。

今までとはがらりと変わってしまった厳しい規則に、ジョコビッチや、ナダル、ティームも拒否反応を示しているけど、規則はみんな平等な規則。

フェデラーは怪我が長引いて今期は終了宣言しているし、ティーム、ズベレフも出ないみたいなので、錦織君のタイトル獲得の最大のチャンスだと思う!

上位選手の出ない試合なんて価値がないと思う人がいるかもしれないけど、全米OPタイトルは同じタイトル。

出場できないランキング下位選手にはポイント獲得の機会がないため不公平だとして、錦織圭くんや複数の選手が「ランキングポイントを与えない」と提案していたけど、却下されたので、勝ち進めれば、錦織君はちゃんとポイントをもらえる!

ランキングも上がる!

コロナ禍の中、マスクもしないで4000人の観客を入れて試合をしたジョコビッチのほうがどうかしている。

ジョコビッチ主催テニス

ジョコビッチが主催したセルビアでの試合風景。↑

これだけぎっしり観客を入れて、セルビアでクラスターが発生し、死者が出たら、ジョコビッチはどうやって責任取るつもり?

コロナは世界中で猛威を振るっているのだから、全米OPの厳しい衛生管理規定は当然のことだし、ジョコビッチや上位選手にだけ厳しい規定ではなく、全ての選手、平等の規定よ。

錦織君にとって千載一遇のチャンスかもしれない。しかし、下位の選手に負けられないプレッシャーがあると思うけど、ついに日本の男子初のグランドスラム覇者が誕生するかも。

優勝してほしい。

おすすめの記事