世界で一番重い人に認定されたことのあるメキシコ人男性が新型コロナに感染したが回復したそうです。数年にわたるダイエットや運動、数百キロの減量につながった胃の縮小手術が功を奏したと本人は信じているらしい( 一一)

世界で最も重かった男性、新型コロナ克服

超肥満男性、新型コロナから生還

この男性は世界で一番重い人に認定されたことのあるメキシコ人男性、フアン・ペドロ・フランコ(Juan Pedro Franco)さん。36歳です。

世界一の体重でギネス世界記録保持者だった

かつての体重は595キロ。2017年のギネス世界新記録だった。595キロはオスのホッキョクグマより重い。

2017年胃の縮小手術を受ける

世界一体重が重かった男性胃の縮小手術成功

ギネス世界新記録に認定されたのち、減量プログラムを開始し、366キロまで体重を落とすことに成功。さらに、胃の縮小手術を受けた。

これによって、7年ぶりに自力で歩くことを目指した。

ダイエットにいそしむ

世界で最も重かった男性が新型コロナを克服した

世界で最も重かった男性、新型コロナを克服

世界で最も重かった男性新型コロナを克服

新型コロナを克服した最も体重の多い患者とその母親

《↑フランコさんが起き上がるのを手伝う母親。メキシコ西部グアダラハラの自宅で(2018年2月17日撮影)》


ピンクの服の女性は男性のお母さん。デブ・・
このお母さんは、新型コロナウイルスで亡くなったそうです。

新型コロナウイルスに感染

フランコさんの体重は現在208キロまで減量していたが、糖尿病や高血圧、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患を患っていたため、新型コロナウイルスとの戦いは特に厳しいものであった。

肥満者に厳しい新型コロナ

メキシコは、子どもと大人の肥満率がそれぞれ世界第1位と2位を占めている。7万4000人を超える死者のうち、4分の1は過体重であった。フランコさんは克服できる可能性は非常に低いと思われていた。しかしかつて重すぎてベッドから起き上がることすらできなかったフランコさんは、助かった。

減量によって助かった・・と思っている

フランコさんの66歳のお母さんはを新型ウイルスで亡くなっている。フランコさんは、3度の手術を含む減量治療によって今では糖尿病や高血圧の症状が抑えられているため、生き延びることができたと信じている。
出典:★世界で最も重かった男性、コロナを克服 減量治療のおかげ?
★世界で最も重かった男性、2回目の手術に成功 メキシコ

ぺんぺん草の独り言

どれだけ食べたらここまで太れるのか?と思うけど、お母さんも太っているし、脂肪細胞が多くて大きい体質が遺伝し、その上、不摂生が重なり、ここまでになってしまったのかもね。

ダイエットをした後も十分肥満だから、新型コロナの感染して助かったのは、よほど運がよかったんだと思う。お母さんは亡くなって可哀そうだと思う。

お母さんは、歩くこともままならないほどの肥満の息子を残して亡くなり、心残りだったでしょ~よ。

ご本人は痩せたと思ってるようだけど、まだまだデブよ。

この男性は、あまりに肥満がすごいので老けて見えるけど、まだ36歳なのよ。人生はまだまだ続くわ。しかし今まで働いてないと思うし、今から何をするか・・と悩むことろだけど、世界中に世界一のデブということで、その名が知れ渡ったのだから、ダイエットYouTuberとなって、日々のトレーニングを配信し、過度な肥満が危険なことと、新型コロナの恐ろしさの伝える仕事をしたらどうかしら?

しかし、YouTuberになるには、ある程度のパソコンやスマホの使い方をまずは勉強しなくっちゃね。食べる間も惜しんで頑張るしかありません。

おすすめの記事