伊調馨川井梨紗子二敗れる
出典:毎日新聞

レスリング 伊調馨選手は、個人として人類史上初のオリンピック4連覇を成し遂げたアスリートです。しかし数年前大きく報道されましたが、伊調馨選手へのパワハラがあり、練習させないことがありましたね。

伊調馨選手東京五輪出場絶望的

レスリングで五輪4連覇中の女子57キロ級、伊調馨(35)が24日、所属先のALSOKを通じて「現時点で私自身、今後のことは何も決めていませんが、選手・指導者としてレスリングがより魅力ある競技として発展していけるよう、今後とも力を尽くしていきたいと考えております」とのコメントを発表した。

コメントで伊調は選手を続ける方針は示したが、五輪や世界選手権などを目指す第一線で活動し続けるかには言及していない。

伊調は東京五輪で五輪史上初の個人種目5連覇を目指していたが、代表選考レースで、2016年リオデジャネイロ五輪同63キロ級覇者の川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に敗れ、川井梨が57キロ級の代表に決定。伊調の東京五輪出場は絶望的な状況となり、進退が注目されていた。【倉沢仁志】

ぺんぺん草の独り言

伊調薫選手へのパワハラ騒動の詳しいいきさつはしっかり報道を見てなかったのでわからないけど、オリンピック4連覇を成し遂げた国民栄誉賞の選手なんだから、5連覇に向けて、レスリング界が一丸となって、彼女をサポートうべきところを、練習させないようにするパワハラが理解できなかったわ。オリンピック4連覇を成し遂げた国民栄誉賞の選手といえば、日本の宝でしょ。結局、長期間における練習不足の影響もあったんじゃないかな?川井梨紗子に負けて、オリンピック出場が絶望的となり、可哀そうでたまらないわ。地元日本開催の東京五輪で最後にもうひとつ、メダルを取って引退したかっただろうに・・・。

全力で悔いのない準備ができて負けたのなら仕方ないけど、悔しさと怒り、悲しみがあると思うわ。スポーツの世界だけは清廉潔白でなければならないのに、スポーツ界も理不尽が蔓延しているわね。

おすすめの記事