長野県の小諸市動物園からヤクシカ(2歳の雄で角があり、体の高さ約70センチ、体重約20キロ)が先月8月25日から脱走して、未だに捕獲できず、帰ってきていないことを9月5日なってやっと公表しました・・・。公表、遅くない?

先月8月25日から脱走9月5日に公表

ヤクシカが長野県・小諸市動物園から脱走して帰ってこない
出典:長野放送

小諸城址(じょうし)懐古園にある長野県小諸市動物園は5日、飼育していたヤクシカ1頭が8月に脱走したと発表した。飼育員らが捜索しているが見つかっていない。人に慣れており、危害を加える恐れはないという。

動物園によると、脱走したのは動物園南側の谷間で飼育する10頭中の1頭。2歳の雄で角があり、体の高さ約70センチ、体重約20キロ。右耳に黄緑色のタグを付けている。8月25日に飼育員が頭数を確認した際、いないのに気付いた。斜面とフェンスの隙間(すきま)から逃げた可能性が高いという。同日夕、周辺のやぶに潜む姿を見つけたが、捕獲できなかった。
動物園は「管理の目が届いていなかった」と陳謝。捜索を続けるとともに、近隣住民にも情報提供を求めている。【武田博仁】

 

長野県の小諸市動物園はどこにある?

しなの鉄道小諸下車…なら軽井沢にいってからちょっと寄ってみるって感じなんでしょうかね?HPに小諸駅からどれほど時間がかかるか書いてなかったので不明。多分、自然に恵まれた中にある動物園だと思います。

ヤクシカ脱走の経緯は詳しく書いています。

小諸市動物園のヤクシカの脱走について

ぺんぺん草の独り言

餌のをあげるため、ヤクシカさんの部屋に入り、頭数を確認したところ、10頭のうち1頭がいないとわかった時の飼育員さんの驚き、困惑は相当なものだったと思うわ・・・。まさかと思って、何度も数えなおしたと思う・・・。

何度数えなおしても1頭いないとわかったとき、「えらいことになった」と凍り付いたでしょうね・・

さらに、全員で施設点検を行った結果、脱走したことが濃厚となった時の絶望感・・・私は飼い犬に脱走された経験があるからほんの少しは、わかります・・・。

周辺の藪の中に潜んでいるところを発見したときは、これで解決と思ったでしょうけど、ヤクシカにしたら、自由になれて嬉しいから、簡単には帰ってきてくれないのよね。猟犬を動員して捜索し、なんとか早く捕獲して脱走なんてなかったことにしたかったと思うけど・・・帰って来てくれないものは、どうしようもないわね。

約2週間弱たって、やっと公表はちょっと遅いと思う~。トラやライオンのような肉食獣ではないし、人に慣れていて、危害を加える恐れはないそうだけど、やっぱり、道で出くわしたら怖いわよ。

 

 

脱走で思い出すのは、大坂富田林の警察署から脱走した男。自転車を盗み、日本一周をしていたという犯人よ。

富田林脱走事件

これもすぐに警察は発表しなかった。なんとか早く確保して、脱走されたことを隠したい気持ち、わかるけど、隠しちゃあだめよね。

しかし動物の場合、自分から帰ってくることがあるみたいよ。

愛知県の東山動物園から逃亡したニシキヘビは、自分から帰ってきたのよね。
(リンク先にヘビの画像があります)

しかも、逃亡当時、約50センチだった体長が、倍以上の113センチに成長して帰ってきたというのだから驚き。

ネズミかなんか、食べてたのかしら?

ファミリーマートは、深夜ニシキヘビを放し飼いにして、ネズミを一掃してほしい。私はヘビとネズミがいる店には絶対に行きたくないけど。

話が逸れたけど、ヤクシカさんもニシキヘビのように自分から帰ってくるかもしれないわよ。遊びまわって、やっぱり人が好き~と思って。

しかし人間の犯人は帰ってこないから、すぐ公表してくれなきゃ。人間が一番危険なのかも・・・だから。

おすすめの記事