2月8日に新型コロナ陽性された三笠宮瑤子さまが退院なさった。

コロナで入院の瑶子さまが退院

宮内庁は16日、新型コロナウイルスに感染して入院していた三笠宮家の瑶子さま(38)が同日午前、東大病院(東京都文京区)を退院されたと発表した。瑶子さまは8日に感染が確認され、肺炎と診断されたが、その後、発熱やのどの痛みなどの症状は改善したという。

ぺんぺん草の独り言

新型コロナ感染がわかるとすぐ宮内庁病院にご入院されましたが、検査の結果、肺炎になってることがわかり、東大病院に転院。

その後、病状経過が報道されなかったので、どうなさっているのだろうかと心配していました。回復されて退院されたそうです。姉妹の彬子さまは感染しなかったようでよかったです。

コロナ禍関係なく、堂々と新年一般参賀や歌会始を欠席される方なので、存在感は極めて薄く、いてもいなくても、全く皇族の公務全般に支障はありません。

国民の多くはこの方の存在を知りませんでしたが、新型コロナ感染で比較的大きく報道されたので、名前を憶えて貰えたので、よかったですね。

ご快復、ご退院おめでとうございます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新型コロナ後遺症 完全対策マニュアル [ 平畑 光一 ]
価格:968円(税込、送料無料) (2022/2/21時点)

おすすめの記事